フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

書籍・雑誌

Dear Earth

お友達の自然写真家・高砂淳二さんが新しい写真集「Dear Earth」を出版しました。

それを記念して、今、写真展が開催されています。

高砂さんの写真集、写真展(とお人柄)はこのブログではおなじみですね!

写真展はいつも壮大で、美しく、感動します、圧倒されます、癒されます。

今回は、またさらにスケールが大きそうです。eye

ぜひ一度見に行ってみて!お勧めです。

新宿のコニカミノルタプラザ。8月16日~9月5日まで。入場無料です。

詳しくは

http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2016august/dear_earth/index.html?cid=JPZ1608N10

私はライヴ終わってから行こうと思っていますが、

さっそくヨッシーが行って来たそうです!↓

ツーショット!happy02

Dear_earth

写真展を見たヨッシーの感想「凄いな~!」w(゚o゚)w

会いに行く味

←MiekoとNoreSoreのYoutube画像を作ってくれた

フォトエッセイストtacaeさんが、記念すべき第一号を出版しました!

札幌在住の彼女自らの企画で、北海道新幹線開業を記念して?の、

道南地方の和菓子屋さんを巡る旅の本です。

やっぱり写真がキレイ。手のひらサイズの可愛い本。言葉の選び方。

彼女らしさがそこここに・・・

北海道の海の写真もいっぱいあって、海好きの私は嬉しかったです。

お菓子も、それを作っている人も皆魅力的で・・・

中でも私が一番食べたいなあと思ったのは、

函館のおばあちゃんが作っている、あんorクリームの入った「おやき」。

本当の自分のおばあちゃんが作ってくれたような、素朴でなつかしい味が写真と文章から伝わって来ます。

でも、そこへ行かないと食べられないお菓子、なんだよね。

作っている人の魅力も味のうちなんだよね。

だから「会いに行く味」。

本屋さんで見かけたら、ぜひ手にとって見てね。

http://www.hs-prj.jp/hs/ainiikuaji.html

5月

ほんの3週間前には雪も降ったりしていたのに・・・

今日は日射しも強く、暑かったですね。sun

3ヶ月いや4ヶ月くらい一気に季節が進んだ感じ。

最近そういうのが多いけど・・・

新緑の季節はやっぱり気持ち良い~。

どこかへ出掛けたくなりますね。

とか言いつつ、何の予定もない私・・・

でも、近所の公園を散歩するだけでも楽しい季節です。

洗濯物はすぐ乾くし、肩こりも少しラクだし・・・

「フランス人は10着しか服を持たない」という本を読んで、

(こういう本を久しぶりに買いました。)

あらためて日常を楽しむことって大切だよね~、と思い出した私です。

こんな気持ちの良い季節ならなおさら・・・

特別なイベントがある人もない人も、素敵なGWを!

tacae

you tubeの「桜ひとひら」と「坂道」の画像を作ってくれた tacae(たかえ) さんが写真家デビューしました!shine

おめでとう!!happy01birthdaywine

Tacae

エイチエス出版から発売された本に掲載されています。

http://www.hs-prj.jp/hs/hs9.html

応援してね!

tacaeさんの作品集はこちらです。

https://tagstock.com/#!/creator/tacae/search?mid=tacae

彼女の、さりげなく暖かい感性に触れて下さい。

ASTRA

お友達の写真家、高砂淳二さんの写真展「ASTRA」に行って来ました。

Astra

「宇宙に会いたくて、夜の地球を旅した」という高砂さんの、今回の写真集の中から選ばれた作品達です。

世界の絶景の地の、大いなる自然の中の、夜の風景。

地球のどこかに行けば、今、この瞬間にも、こんな景色が繰り広げられていると思うと不思議です。

自分が行くことはなかなかできないけれど・・・

1ヵ月前に行ったモルディヴで、椰子の葉陰から見えた月や星々も、それはそれは幻想的で、今でも胸の中に深く刻まれています。

STARの語源はASTRA(魂)だそうです。

高砂さんの写真と対峙して、自分の内なる宇宙と対話してみて下さい。

写真をつなげた動画も素晴らしいです。ぜひお薦めします。

24日まで、新宿のコニカミノルタ・プラザです。

http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2014june/astra/

ご本人も毎日会場にいます。

サインもしてくれるし、「Miekoの知り合いです。」と言って、話しかけてみてね。

そら色の夢

お友達の自然写真家・高砂淳二さんが、新しい写真集「そら色の夢」出版を記念して、写真展を開いています。

新宿のコニカミノルタ・プラザに昨日見に行って来ました。

ご本人も毎日会場にいるのだけど、写真を撮らせてもらうのを忘れてしまった。coldsweats01

ということで、家で撮影した写真集。今回は空が主役です。

Sorairo

うまく撮れなくてすいません。coldsweats01
いつもとちょっと違って、淡く微妙な色彩の表紙です。
空と湖と虹・・・キレイです。

中はこんな感じです。

Sorairo2

神秘的・・・美しいです・・・

この淡い色の↓ページもかなり好きです。

Sorairo3

ここでは伝えきれないので、お近くの方、ぜひ会場の大きな写真を見に行って下さい。

特に、ボリビアの水深数センチというウユニ塩湖(初めて知りました)の写真がスゴイです。

ハワイやモルディブはもちろん、アフリカやカナダのオーロラの写真もあります。

自然の偉大さに圧倒され、そして癒されます。confident

新宿高野ビルの4階、入場無料、14日まで開催されています。

(と書いて・・・あ、今日から12月なのね~と思い出した!)

高砂さん、とってもふんわり暖かいひとなので、「Miekoの紹介で来ました。」と、声をかけてみて下さいね。happy01

死ぬ気まんまん

佐野洋子さんのエッセイは痛快です。小気味良いです。

遺作になるのでしょうか?

「死ぬ気まんまん」というタイトル自体が痛快ですね。

本屋さんに並んでからしばらく躊躇していましたが、先日購入。

エッセイは相変わらず、お医者様とのホンネの対談もかなり面白かった。

佐野さんの死生観に共感するところが多々あって、

だから私は「100万回生きたねこ」がこんなに好きなのかなあと思ったり・・・

佐野さんは長い間、うつ病と自律神経失調症に悩んでおられたそうで、

がんの告知を受けたとたんにそれが治ったそうです。

余命2年と言われて、初めての外車ジャガーを買ったそうです。

豪快だけど繊細で、わがままだけどとても可愛い人だったんだろうなあと想像できます。

宣告された以上に、元気に長く生きた佐野さん。

「闘病記がキライ」と書いてあったけど、もっとたくさん佐野さんならではの痛快な「闘病記」が読みたかったです。

Yoko_sano

Vol.2

今年もココログ出版で製本。book

ちょっと可愛い表紙にしてみました!

No2

No22

去年より写真が多いかな?

もうすぐブログを始めてから2年になります。catface

秋の雨のような・・・

猛暑は雨と共に去りましたね。rain

朝、まだ暑かったし雨も降っていたので、クロップド・パンツにサンダルで出かけたら足元が冷えてしまいました!

今日はちょっと時間があったので、いつもと違う駅の、いつもと違う本屋さんで本を買って、

美味しいコーヒーが飲みたくなって、吉祥寺のくぐつ草へ久しぶりに行ってみました。

スタバとかドトール、「カフェ」以外の珈琲屋さんて、何年ぶりだろう??

ここは、私が学生の頃からあるお店。

苦味の勝ったフレンチ・ローストのブレンドが好きです。(カレーも美味しいのです!)

木製の無骨なテーブルと椅子、うす暗くて、ジャズが流れていて、煙草の香りもして、

すべてが懐かしい雰囲気の中で、ちょっとタイム・スリップ。

昨日WOWOWの深夜映画で、またも思いがけずアニメ映画「カラフル」を見て、

なんだかとってもアーティスティックな、創造的な気分になってしまいました!

日常の私は、現実的な時間の方が創造的な時間より多いくらいだけれど、

今日はなんだか昔を思い出し、どっぷりと想像&創造に浸りたくなりました。

秋の雨のような日だから・・・かな?

雨の吉祥寺もけっこう好きです。

昔、そのイメージで「さよならが二つ」というショート・ストーリー(未発表)を書いたことも思い出しました。

今日買った本は「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」って本で、

自分の創造性を高めるためのトレーニング法が書いてあるのだけど、

その中の「アーティスト・デート」っていうのを、本を読む前に今日すでに実践していた私なのでした。

自分の内なる創造的な心と、週に一度デートする時間を持つんですって。

「ひとり」で「外へ出掛け」て、「時間をかけて」「自分の中のアーティストと対話」することだそうです。

とっても贅沢な時間だけどね、そんなことをするには最適な、秋の雨のような1日でした。

想像より、おもしろい。ハワイ

今日は六本木の東京ミッドタウンへ、高砂淳二さんの写真展を見に行きました。
キレイ、スゴイ!可愛いcatfaceなごむ~、きゅん、いいなあ~!へえぇ~、なんで?な写真がたくさん!
なつかしいハワイの風景、こんなの見たことない!ってハワイも。
「想像より、おもしろい。」そのとおりですね!
お客さんもいっぱいで、みんな幸せそうな顔してました。

高砂さんとhappy01camera

Mrtakasago

会場の外では、フラ・ショーも行われました。

Fura

高砂さんの新しい写真集「Children of Rainbow」です。
今回は写真だけでなく、先住ハワイアンの智恵「Hooponopono」に関するエッセイも綴られた、スピリチュアルな1冊です。

New

Hawaii・・・また行きたいです。wave

写真展は29日までの開催、入場無料です。
心のどこか疲れている方、元気な方も、「Aloha」の心を感じに行ってみて下さい。confident