フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 楽園再び | トップページ | 楽園その2 »

インド洋でプラゴミを拾う

バンドスで初めて、カタマランという舟に乗りました。

ヨットとウインドサーフィンの間のような2,3人乗りの小さな双胴船です。

現地のスタッフさんが操縦してくれるので、舟のへりに座りロープにつかまっているだけで、海上の散歩が楽しめます。

風を受ければけっこうなスピードも出て、波に当たれば上下に振られ、スリル好きの私にはたまりません。😃

軽快に海の上をすべって行く途中、スタッフさんが波間に浮かぶ大きな袋を発見!

引き返し、スピードを緩めて拾おうとするも何度も失敗。

一人で操縦していてロープから手を離すことはできないので、なかなか取れません。

英語で「拾ってよ。」と言っている様子。

私でも届くのかな~?と一度練習?で、手を伸ばしてみたらなんとか水面に触れる距離です。

5,6回は引き返したでしょうか?

かなり近くスピードも遅かった、そのタイミングで手を伸ばしたら取れました!

スタッフさんも一緒に上げたけどね。

プラスチック制のコーヒー袋のような形で、

どこから来たの?と聞いても、わからない、とスタッフさん。

しかし、袋にあった「APOLLO HARDWARE CENTER」という文字を私はしっかり覚えました。

後日調べたらアメリカの、主に金属系のキッチン用品のお店のようです。

あの袋がアメリカから流れて来たのかどうかはわからないけど。

実は少し前に、死んだクジラのお腹から夥しい数のプラスチック袋が出てきた、というドキュメント番組を観たばかりでした。

ちょっと前から世界の海でのプラ問題は話題になっていますよね。

マイクロプラスチックとか、ストローを紙製にするとか・・・ 

それにしても、あのスタッフさんのゴミに対する執着心はすごかった。

見つけたら絶対取る!

それがリゾートで働く人達のルールなのかな?

今回、5年前に来た時より、海の中のお魚が減っているなと感じました。

汚染なのか天候のせいもあるのか?

残念なことです。

日本ではゴミは分別がしっかりしているし、リゾートでもなるべくプラゴミは持ち帰っています。

が、帰って来てから、Reef Free(サンゴを守る)の日焼け止めがあることを知りました。

次回から海に行く時はそれを使います。

世界のプラゴミ問題を目の当たりにしたような、貴重な経験でした。

Img_1613-2

Img_1606

 

« 楽園再び | トップページ | 楽園その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽園再び | トップページ | 楽園その2 »