フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いちばん寒い時期 | トップページ | あっという間 »

近くて遠い彼

tennis全豪オープンは、先程男子決勝も終わりました。

世界ランキングNo.1に返り咲き、断トツ優勝候補だったナダル選手は、途中で腰を傷めてしまって・・・

それでも最後までコートに立ち続け、闘って、そして負けてしまいました。

なんとも不思議な雰囲気の決勝となりましたが、彼のメンタルの強さはやはり世界一です。

http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/news/detail_140126_03.html

錦織選手は4回戦でナダルと当たり、今までで一番競った良い試合を見せてくれました。

ラリーを支配する場面は錦織くんの方が多かったし、多彩かつ意表を突くショットでナダルを翻弄する場面も多々あったけれど、

ここぞという時の集中力、試合運びのうまさで、結局1セットもナダルから奪えませんでした。

有明で初めてテニスの生観戦をした時、トップの選手はここぞというポイントは必ず取るなあ・・・というのが印象に残りました。

つまり、そこまでは80%の力で闘っていて、重要なポイントやピンチの時には100%で取りにくるのですね。

どのセットも取れそうで取れなかった錦織くん。試合後のインタビューで

「チャンスはあっただけに悔しい。ショットでは充分闘えることはわかったけれど、近いようで遠いと思いました。」

と言っていました。

2年前のウィンブルドン決勝でフェデラーに惜敗した地元選手のマレーが、表彰式のスピーチで涙ながらに

「だいぶ近づいたんだけどね・・・。」と言ったのを思い出しました。

翌年マレーはみごとに、国民の悲願でもあったウィンブルドン優勝を果たしました。

メンタルの強さは、目標に対する執着心に比例するのかな。

近いようで遠い道のりは、いつか辿り着けると信じて、一歩ずつ歩き続けるしかないのですね。

http://blog.keinishikori.com/

« いちばん寒い時期 | トップページ | あっという間 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

…また……coldsweats01あのアルバムで“一番好きなあの曲のタイトル”に釣られて…(笑)^^ゞ

確かに…ナダルとの試合、取れそうなセットも取れなかった(第一セットとか)ぃや、取らせて貰えなかったと言うべきでしょうか?coldsweats02
以前にMIEKOさんがおっしゃっていた、「真のトッププロは、ここぞと言う場面ではギアを一段上げてくる」と言うのを見せつけられた気がしました!

でも、ナダルが試合後に錦織君を褒めてましたね。あれも決しておべんちゃらではなく本心と思いましたよ☆

錦織君にいつかは世界のトッププロに勝ってもらいたい!そんな「新しい夢は生まれる」confident

そして…「この世界で生きる彼に Good Luckgood

ikuo8190さん

note「近くて遠い彼女」わかって頂いて、さらにそれを使ってのテニスねたへのコメントありがとうございます!happy01

錦織くんとの試合、ご覧になっていたのですね。
ナダルは錦織くんとの初対戦の時(5年前??)は1セット取られていて、その時は「Keiは将来トップ5にも入れる可能性がある。」と言ってました。
今回トップ10と言っていたのが気になりますが・・・細かいですか?coldsweats01

↑記事に新しくリンク貼りました。
wowowの記事を読んでいたら涙が出ました。
ナダルのケガが深刻でないことを祈りたいと思います。
錦織くんもフィジカルさえ万全なら、今年はトップ10に充分入れると思います。
それにしても錦織くんのブログは素朴で正直で、彼の性格の良さが出ています。

世界のトップ選手に感動しつつ、自分も近くて遠い道のりを歩き続けたいと思います。confident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/54756611

この記事へのトラックバック一覧です: 近くて遠い彼:

« いちばん寒い時期 | トップページ | あっという間 »