フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ケアリー・レイシェル | トップページ | スペインのビール »

二年

二年という月日は長いのかな、短いのかな?

この日が近づくと、また心は立ち戻って、あの頃の辛さが蘇ってしまう被災者の方が多いとか・・・

仮設住宅に住む人や行き場のない人、家に帰れない人達もまだまだたくさん。

震災遺構も賛否両論のようですね。

昨日、吉祥寺に久しぶりに出掛けて・・・

数日前の事件現場は、たぶんあの辺りなんだろうなあと思っていたら、

思ったよりもっと繁華街に近い場所で、

よく行くお店から1ブロックくらいの場所で・・・

お花や飲み物のお供え物がたくさん置いてあって、胸が痛みました。

時間的に人通りもけっこうあって、何人かの人は手を合わせていました。

ほんの数千円のために、夢をたくさん持って、吉祥寺に引っ越して来てまだ間もない

若い女の子の命が奪われるなんて、あってはならないことです。

私も手を合わせたら、とても悲しい気持ちになりました。

サイパンのバンザイ・クリフに行った時のことを思い出しました。

あまりにも美し過ぎる場所で・・・涙が止まりませんでした。

何年経っても、癒えない傷はあるのだと思います。

それでも生きていかなければいけない人達がいて・・・

遺された者には何か使命があって、

悲しい出来事や「理不尽な死」というものから、私達は学ばなければいけないんですよね、きっと。

二年という月日は、耐えるには長く、忘れるには短すぎますね。

« ケアリー・レイシェル | トップページ | スペインのビール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その時刻に 黙祷をささげる ・・・という 人並のこともできなかった
仕事に追われ そのことを忘れていた・・・
属する企業グループは 継続的に取り組んでいるのに 残念なことだ・・・

でも その時にとらわれるのではなく 折にふれ 思いを寄せたい
例えば 早朝目覚めた その時に 思い出し 祈りたい
一人にできることは限りがあるが 他人事にはしないようにしたい think

そうですね、
いつも心のどこかに、忘れずに持ち続ける皆の想いが
大事なのだと思います。
昨日とある美術館に行ったのですが、
その日の入場料がすべて義援金に寄付されるということで、
思いがけず少しだけ貢献できました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/50645850

この記事へのトラックバック一覧です: 二年:

« ケアリー・レイシェル | トップページ | スペインのビール »