フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カナヅチ | トップページ | 緑の水田 »

東北の花火

昨日から度々テレビに映される被災地の花火。

見る度に泣けてしまいます。

もともと花火が好きで、切ないほど感動してしまう私ですが、

今年の花火はきっと、どの人にとっても、いつもと違うのでしょうね。

東京で自粛になった花火が東北で上げられたことも、素晴らしいことだと思います。

花火の起源は、鎮魂だったそうです。

鎮魂と復興への祈り・・・

ここ数日、戦争の特番とか震災の特番をいくつか見ました。

人は弱くてはかない・・・でも、人は強いね。

復興されてゆく街や前を向こうとする人々を見て思いました。

何度も何度も、日本は災難を乗り越えて来たのだから・・・

生きている、生かされている限り、人は前に進んでいかなくちゃいけないんだよね。

たとえ死ぬほど辛かったとしても・・・

悲しみや困難を乗り越えて、一歩を踏み出してゆく・・・その姿がいちばん尊くて美しいと、あらためて思いました。

« カナヅチ | トップページ | 緑の水田 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も今日(もう昨日かなcoldsweats01)
海上花火大会に
家族と出かけてきました。

すぐ近くに住んでいながら、
この花火大会の存在をを知ったのが4~5年前。

とっても小さい規模の花火大会なので、
花火を見ている時間より
打ち上げを待つ時間のほうが長いくらいcoldsweats01

でも、主人とふたりの子どもと義母と
途中のスーパーで買ったおにぎりやお惣菜を食べながら
潮風を感じながら
ゆったりと過ごせる幸せを
例年以上に強くかみしめていましたmoon1


私の見る海は日本海の荒々しい海ですが
寄せては返す波を見ているのは
本当に飽きませんね。
また若いころをほんの少し思い出し、
頭の中にMiekoさんの歌声が聞こえましたよconfidentheart02

花火は会場へ着くまで、打ち上げが始まるまでの時間も思い出なんですね。
暑かったり、並んだり、人ごみを歩いたり、屋台もあったり・・・
私も数々の花火の記憶を思い出しました。
海に上がる花火は、また格別ですね。confident

花火大会に行きたぁ~い!と言いながら数年…経ちましたdespair
浴衣着て、風流に夏を味わいたいですっ!

今日は久しぶりの日曜日休みで~Miekoさんの曲を聴きながらお片づけnote
午後には実家にお線香をあげに…帰りの空にキレイな月fullmoon
ハンドルを左にきったら稲光thunder  油断できないですねrain

今夜はいろんな特番が放送されていました。日本の復興の力強さを感じました。
でも!…まだ、私たちが続けて行くことはあるのですねconfident


花火大会は、いろいろな条件が合わないとなかなか堪能できませんよね。
特に都心部とか、大きな大会は・・・かなり根性もいります!
今年は・・・花火の音を遠くに聞くだけで終わってしまいそうです。
辛い日々を送っている人達の、一瞬の癒し~明日への希望になってくれるといいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/41187391

この記事へのトラックバック一覧です: 東北の花火:

« カナヅチ | トップページ | 緑の水田 »