フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Green tree | トップページ | 冬らしい日 »

アーティスト

この前テレビで、ある女優さんがCDを出すことになって、

「今度アーティストとしてデビューすることになりました。」と言っていたの。

何年か前には、アイドル系の女の子が

「私も早く○○さんみたいなビッグなアーティストになりたい。」みたいに言っていて・・・

そういえば歌番組の司会の人も、誰のことでもアーティストって呼んでるよね。

いったい、いつから、歌でデビューしただけで「アーティスト」と呼ぶようになったんだろう?

私が音楽を好きになった頃は、アーティストというと「自分で曲も作って歌う人」という括りがあったような気がする。

時に編曲やプロデュースまで含めて、音楽で自分を表現している人。

歌う人は「シンガー」「ヴォーカリスト」で。楽器担当の人は「ミュージシャン」で。

だから、最近の”誰でもアーティスト”には、スゴイ違和感があった。

何を表現し、何を伝えたいかを考えたこともなく、自分の暗闇まで見つめながら、産みの快感も苦しみも味わったこともないのに、何がアーティスト?ふんっ!みたいな感じ。

でも・・・よく考えてみると、アーティストって「芸術家」だから、

もともとは画家とか美術系の人のことなんだよね?

美術関係の、それこそ芸術を追い求めていた人達はきっと、流行りの音楽を作っているシンガーソングライターが「アーティスト」と呼ばれていた時代には、ふんっ!と思っていたに違いない。

アーティスト本来の意味、芸術を追及する人って、求道家というのかな、すごく厳しい姿勢を常に自分に強いている人のことだと思う。

それか、内なる何かを、マグマのようにほとばしる感情を、表現しないではいられない人。

(「芸術は爆発だっ!」?)

少なくとも私は「アーティストです。」なんて、とてもじゃないけど言えないなあ・・・

と思う、にわかランナーのMiekoなのでした。catface

« Green tree | トップページ | 冬らしい日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun全く同意です!
私のアーティストの定義は、最低でも自身で作詞作曲をなさっている方…即ち【シンガーソングライター】です。
つまり、MIEKOさんは【アーティストの中のアーティスト】さんです♪!!^^

昔と違って、今は単なる【シンガー】さんは流行らなくなったと思います。最低でも自分で作詞ぐらいはこなさないと、私も興味がわかず聴きたいと思いません。
ちょっと「あ、いいな?」と思っても……「なーんや、【シンガー】さんか…」って(笑)^^;
それがいいのか悪いのかは分かりませんが…think

ikuo8190さん、こんばんは。
シンガーさんでも、ホントに上手い人、日夜自分を磨いていらっしゃる方は尊敬します。
「歌うこと」で自己表現している方ですね。
そういう方はだいたい、歌詞を書くようになりますよね。
やっぱり「自分の言葉」で歌いたくなるのではないでしょうか?

ただ、コラボにはコラボの良さがあるとも思います。
ひとりの世界では想像できなかったモノが生まれたり、新しい自分が発見できたりするので。
私は他のひとに歌詞を書く時の方が、より自由に書けているような気がします。coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/37655311

この記事へのトラックバック一覧です: アーティスト:

« Green tree | トップページ | 冬らしい日 »