フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京マラソン!(*_*) | トップページ | Singer友達 »

音楽やめたくなる時

今、どうしてもこの人のライブを見たい!と思っている人がふたりいる。
そのうちのひとりが今日「笑っていいとも」のテレフォンに出ていました。

3年くらい前からずっと気になっているその人、秦基博さん。
「鋼(はがね)と硝子(ガラス)でできた声」と言われている(とタモさんが言ってた。初めて知った!)その声を、ギターの弾き語りで披露してくれました。

食い入るように見つめて聴いてしまった。(゚ー゚)
このひとの歌は、すごく勉強になる。
ひとつの音節、一文字の中で、あんなにいろんな表現ができる人はなかなかいないと思う。
一曲の中でも、時に真っすぐに、時に柔らかく、時に激しく、そして繊細で・・・
そして、それが自然に(もちろん努力はしていると思うけれど、生来の声質の良さも相まって)できてしまう人なんだと思う。
技術的に歌のうまい(音程が完璧とか、声量があるとか、音域がスゴイとか)人なら、もっといくらでもいると思うけれど、彼の歌はす~っと心の深い所に入り込んでくる。

平井堅さんが彼の歌を聴いた時に「歌手をやめようか。」と思ったそうです。
ミュージシャンがミュージシャンやめたくなるくらいの圧倒的な存在。

それで思い出した。
実は、私もある人がデビューしてきた時に、「自分はこの世界にいなくてもいいんじゃ・・・」と思ったことがある。
私の場合は、その人の歌唱力とかじゃなくて、その人の醸し出す世界とかメッセージそのものだった。
自分が煮詰まっていた時だっただけによけいに感じてしまって、ホントに休んじゃったけどね。
でも今は、そう思ってないよ。(^-^;

どこか似ていたり、目指すものが近かったり、そういう人はきっとたくさんいる。
敵わないなあ・・・と思うような人もいる。
でも、同じ人はひとりもいない。
ひとりひとりの声が違うように、ひとりひとりの持つ世界が違うように、ひとりひとりの才能がそれぞれ違うように、それはその人だけのもの。
良いモノを素直に認めて、刺激されて、学んで、自分なりの高みへ少しでも近付けるなら、こんな素晴らしいことはない。

そして、私はずっと音楽ファンでもいたいのです。
秦くんが紹介した来週月曜日のゲストも、好きなミュージシャンのひとりです。note

« 東京マラソン!(*_*) | トップページ | Singer友達 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

なんという過激なタイトルsweat01

『辞めたいとき』かぁ…人は誰にでもそういうときが有りますね。その時に何を考え、何を思うか…。

それはその人のこれまでの体験によるところが大きいのかなsign02

私は『MIEKO』ファンを辞めたい思ったことは、一度も無いですよhappy01

孝ちゃんさん
ありがとうございます。
応援してくれる方がいるのに、むやみに「辞めたい」とか言っちゃホントはいけないんですけどね。coldsweats01
今日もまた、ちょっとしたカミング・アウトでしたね。

なんとな~くそういう気持ち
判るような気もします

私は20歳くらいのときに
ボーカリスト目指してレッスンやオーディションを
受けていたときに

とあるボーカリストの歌を聞いて
なんか無性に悔し涙が出て凄~く凹んだ記憶が・・・

でも今でも彼女の歌声はとても好きですけどね(^-^)

土曜日に地元でライブに参加しました。一組30分で8組のエントリーだったんですが、皆自分が何を音楽で表現した以下を確実にもっていて、個性があるなって思いました。私は自分の好きな歌をコピーしているだけで、これといったものがない…
ライブの次の日はいつも落ち込んで、もう出るのやめようと思うんですが、やっぱり音楽好きなんでしょうね。懲りずにまたエントリーしてます。

>彩ね。さん
私も昔たくさんオーディション受けましたよ。
その時に「この人はなんか次元が違う。」と思った人は、皆デビューしました。
一番印象に残っているのは大沢誉志幸さんで、すごく良い声で、かっこよくて、すでにオーラびんびん出てました。

>Marさん
好きな歌をコピーして、楽しむってことが原点ですよね。
コピーも完全コピー、究極まで突き詰めたらスゴイと思いますが。
その歌の背景や心情まで調べてみるとか・・・あ、卒論を思い出しちゃいました!coldsweats01
とにかく、自分が楽しいのが一番ですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/37850014

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽やめたくなる時:

« 東京マラソン!(*_*) | トップページ | Singer友達 »