フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

どこにあるのか幸せ

ここにあるのが幸せ
きっと気づいてないだけ~note

って、昨日友達に誘われて、クレイジー・ケンバンドのコンサートに行って来たんだけどね、
あんなにノリのいいライブの最中にすっごく眠くなって・・・
へんだな~と思っていたら、今日は一日頭痛で寝込みました。despair

この異常な温度差と、異常な肩コリのせいで、風邪ではないと思われます。

クレイジー・ケンバンド、楽しいコンサートでしたよsign03
ブラス3人、コーラスふたり含めて総勢12人がステージに!
ステージ中央に「どら」のあるコンサートって初めて見ました。coldsweats01
ケンさんのキャラが可愛いおじさんぽくて楽しいし、
バンドなのにお客さんのリクエストに応えて演奏するってのもスゴイです。

でもやっぱり、しっかりした音楽性の上に、あのちょっと下世話な歌詞とか覚えやすいメロディとか、ケンさんのキャラが乗っかってるところが、あのバンドの魅力なんだなあと思いました。

おなじみのヒット曲も良かったけど、「秋になっちゃった」っていう歌が気に入りました。

  もう秋になっちゃった
  アロハも着れなくなっちゃった
  ・・・淋しくなっちゃった・・・
  夏に戻ろう 心に夏を呼びこんで・・・
  この長い夜をどうにかしなくちゃ・・・
  休みをとって旅に出よう・・・Fly away 音楽で

で、最後がね

  もう夜明けになっちゃった
  少し眠たくなっちゃった・・・
  別にどうでも良くなっちゃった

で終わるのです。なんかこの歌詞、可愛いです。catface

なんでこんなに寒いの?

雨&12月の寒さの日にリハーサル~sad

またcamera忘れて・・・

帰りがけのヨッシーを撮影!

Yossy_2

お疲れさま~happy01paper

2時間切り

昨日↓Michael W Smith さんを検索していたら、なぜか安田美沙子さんのブログが出て来て・・・
(ブログ名が「MICHAEL」だって!)
あ、そうだ!彼女、軽井沢マラソンを走ったんだよね~と、ちょっと覗いてみました。
この前の日曜日(今年はエントリーしなかった)apple諏訪湖マラソンと同じ日に、第一回サンスポ軽井沢リゾートマラソンが開催されました。

安田さんて、確か、ホノルルとかフル・マラソンも走っていて、
なかなか良いタイムで完走しているランナーさんなのです。
軽井沢も諏訪湖と同じハーフだけど、1時間54分で走ったそうです。eye

2時間・・・この壁の厚さ!

おととしの秋、初のハーフ・マラソン@諏訪湖で、2時間10分をきるタイムで走ることができた私の次の目標が「2時間切り」でした。
10分くらい、ちょっとがんばればすぐじゃない?って思うでしょっ?!
私もそう思ってたんだけどね、これがなかなかタイヘンなのです。
ハーフで10分縮めるということは、1㎞あたり約30秒縮めるということで・・・
1㎞ほぼ6分のペースで走っているので、それを5分30秒にするってーことは、
かなりしんどいことなのです。

だいたい5㎞くらいならそのペースでもいけるんだけどね、後が続かないの!
去年の2回目の諏訪湖のこと。
トレーニング不足にも関わらず、前半そのペースで行ってしまったら、後半は案の定悲惨なことに・・・
え?今?今ですか?
え~っと・・・先週やっと9㎞走ったんだけどね、1時間弱くらい・・・sweat01
距離もタイムもどんどん落ちている・・・bearing

猛暑のせいで体調崩し・・・大切なライブkaraokeのために無理もせず・・・
あ~、やっぱり2つのことを追いかけるのは、私には無理なのか!!?
いやいや、来月20日過ぎたら、ちょっと走り込みますよー!
冬トレ!snow

それまではライブに集中notescatface

安田さん、来年1月の湘南マラソン(フル)に出るそうです。
がんばるよねー。
私は・・・来年の諏訪湖で2時間ぎりを目指そうかな?
いつの日か、フルマラソンを5時間で走れますように!run

I will be here for you

お店とかリラクゼーション・スペースなどで、よくインストゥルメンタルが流れていますよね。
洋邦問わず、古今東西のヒット曲のアレンジ版。
オルゴールの音とか、ピアノだけとかの場合もある。
歌詞がない分、メロディを頭の中で追ってしまうので、私はあまりリラックスできなくなるcoldsweats01
職業病ですね。
特に、あー、これ何だっけ?知ってるけど思い出せない~って時!

昨日スポーツクラブのサウナの中で、ある曲がかかり、
なんか良いメロディだなあと聴いていたらサビになって「あれ、知ってる、この曲!何だっけ?」と考えているうちに、「 I will be there for you・・・」とサビの歌詞まで思い出して、
この曲好きだった!と。でも誰の歌か思い出せず・・・

今日CDの棚を探しまくって、やっと見つけました。
Michael W Smith という人の「 I will be here for you 」(たぶん’92年の曲)でした!
そんなに有名な人ではない(?日本では)と思うので、ご紹介します。
とても良い曲です。

歌詞の内容が「あなたのままで」に似ているので、よけい好きになったのかも!

When you feel the sunlight
Fade into the cold night
Don't know where to turn
I don't know where to turn
And all the dreams you're dreaming
Seem to lose their meaning
Let me in your world
Baby, let me in your world
All you need is someone you can hold
Don't be sad, you're not alone

Chorus:
I will be here for you
Somewhere in the night
Somewhere in the night
I'll shine a light for you
Somewhere in the night
I'll be standing by
I will be here for you

In this world of strangers
Of cold, unfriendly faces
Someone you can trust
Oh there's someone you can trust
I will be your shelter
I'll give you my shoulder
Just reach out for my love
Reach out for my love
Call my name and my heart will hear you
I will be there, there's nothing to fear

You tubeで探していたら、こんなライブ・バージョンも・・・
3分くらいから始まります。こっちの方が好きかも!note

ということで、動画の貼り方を覚えました!wink

秋ごはん

今夜のメニューは、

beerサンマの塩焼きとキノコの炊き込みご飯でした!

秋ですねえ・・・

あ、写真はないです。すいませんです。

・・・

代わりに(?)高尾山の山菜セット↓。全然関係ないけど・・・coldsweats01

Photo_2

美味しかったので!

キャベツのピラミッド

Photo

もうすぐハロウィンですね~。

街でこんな物を見かけました。
カボチャは足元だけ、全部キャベツ!!(*_*)

愛読者

このブログを一番読んでいるのは私だ・・・

と気づく秋の夜長。

マルチワワ

Photo

この子は誰でしょう?

ぬいぐるみではありません!
以前教えていたヴォーカル・スクールの事務所にいたわんこです。

チワワとマルチーズのミックスなんだって!マルチワワ??

あんまり可愛いので撮らせてもらって、しばらく自分の待ち受けにしていました。happy02
携帯フォトの整理をしていたら出てきたので・・・
当時、見せる人みんなにウケていたので、載せちゃいましたー!
(社長さん、勝手に載せてすいません!)
今も元気かな?

すべてを超えるもの

大学の頃だったかな、

ピアノを弾いていて、ある時、その響きだけで、

自分の中で「すべてを超える」と思った瞬間があった。

日記にもそう書いたから、よく覚えてる。

曲とか声とか歌詞ではなく、「音」や「響き」そのものに惚れこんでしまった人が

ミュージシャンになるのかもね。

ソロ・デビューした頃、バンドでのリハーサル中、ある曲のイントロで、

キーボードの人がこれ以上ないっていうタイミングと響きでストリングスを奏でた時、

いきなりブワッと涙が出てしまい、歌えなくなったことがあったっけ。

バンド・メンバー(もちろん、コハラッチもヨッシーもいた)は皆???だったと思うけど。

でも・・・いつの頃からか、音楽が自分の中ですべてを超えなくなった。

そう思える一瞬も訪れることなく、月日が過ぎた。

きっとそれは、自分の感性の問題ではなく、自分が音楽に背を向けてしまったからだと思う。

最近、自分の周りでいろいろなことが起こり、過去も現在も含めて考えさせられることも多々あり、

(あ、でも一番身近なことは全然問題ないのでね、ご心配なく!)

でも、ピアノを弾きながら歌っていたら、すべてを忘れていたの。

いろんな心の葛藤、すべてを超えるものがそこにあった。

久しぶりのこの感覚に涙が出そうだったよ。

帰る場所があるって、スゴイよね。感謝です。

温かいカフェ・オレ

朝が苦手です。
しばらくボ~っとしてるし、食欲もなく、水さえあまり飲めない・・・
そんな私の朝食の定番は、トーストとハム、小さいサラダ。(これなら食べられる)
そしてカフェ・オレ。cafe(これで目が覚める)

最近はカフェ・ラテっていうんだよね。
それってスターバックスの影響?違う?その前から?
なんか私はついカフェ・オレって言ってしまう古い人間です。coldsweats01

大きなマグ・カップに

Cup_3   

(愛用のカップです。ハートがいっぱい)heart04

ミルク半分チンして、パンを焼いている間にエスプレッソの豆でペーパードリップ(手動)。
シュガーは少しだけ。
自分で作るカフェ・オレがどこのお店より一番美味しい。catface
20年以上自分好みに作ってるからね、当たり前?
以前は豆にもこだわっていたけれど、カフェ・オレ用だからスーパーで売っているエスプレッソで充分だと気づきました。

少し前までは、アイスにしようかホットにしようかと迷う感じだったけど、
今はもうすっかり、温かいラテが美味しい季節になりましたね。

・・・なんて書いてるうちに、世間はもう昼食の時間です。coldsweats01

ライブは来月20日です

猛暑なんてあったの?ってくらい、すっかり秋ですねー。maple

暑くもなく、寒くもなく、何をするにも良い季節。confident

今年「夏女」を返上するくらい不調だった私ですが、ここのところ少しずつ元気になっています。happy01

私の体調=鼻喉の調子、なので、ソク歌に直結するのです。karaoke

ヒーリング・スポット、ハワイ効果あったかな?wave

No・re・So・re秋のライブまであと一ヶ月、このまま好調を維持したいっ!happy02

体を温めるモノを食べて、たくさん寝て、よけいなことは考えず・・・

ガンバリまっす!ヽ(´▽`)/

PS : 今回は限定○○名様と決めていませんが、ご予約はお早めに!お願いします。note

New Face

先日ウチにやって来た新入りウルフィー君です。可愛い~!dog

Wolfy

犬じゃないよ、オオカミだよ!

裸のピアノ

ピアノのメンテナンスをお願いしました。

なかなか見れない裸のピアノ。

Piano_2

職人の背中。

Mrmatsushita_2 

調律師の松下さんです。

ペダル損壊も重症ではなく、すぐに直してもらえました。coldsweats01

また良い音にしてもらったので、大事にしますね。note

今日も暑かったね

なんだか暑いな~と思っていたら、今日も26℃あったんですね。

チリの落盤事故から最初に救助された人の映像をライブで見て、胸が熱くなりました。

地下は32℃~36℃。湿度も高い。

その中に2ヶ月以上閉じ込められていたなんて・・・

東京の猛暑もそれに比べたら、天国ですね。

そして、今日はNo・re・So・reのリハーサル!

コハラッチは最近、ギックリ腰を2度もやってしまったそうで・・・shock

歌の途中でセキをする度に、ドキドキ!

でも、なんとか無事に、チリの救助活動同様スムースに快調に(?)進み、

3人で久しぶりに音を出して、楽しかったです。(^^)note

あちこち痛い所をいたわりながら、記憶力の衰えを感じながら・・・coldsweats01

アラフィフ・バンドは今日もゆく!dash

心の栄養

ナダル選手は初のジャパン・オープンをしっかりと優勝で締めくくってくれました。crown

さて・・・

私も、アロハ・モード~ヴァモス・モードから、音楽モードに切り替えです!note

ハワイやテニスから、心に栄養をたっぷりもらいました。happy01

新生Mieko(?)に会えるかも!?flair

11月20日まで突っ走りますsign03

ナダル!

ハワイの余韻も覚めないうちに、tennisテニス楽天ジャパン・オープンは今日すでに準決勝です。
予報より一日早い雨は、私が有明に行ったせい?coldsweats01

ドタキャンの多いジャパン・オープン、世界No.1のラファエル・ナダル選手はちゃんと来てくれました!
昨日は自分の試合が終わった後soccer日本対アルゼンチン戦を観に行き、帰りに築地でお寿司を食べたそうです。
初めての日本を楽しんでますね!

Rafa

Nadal

今日の準決勝は、トロイツキというセルビアの選手との対戦。
かなりの接戦で、どちらもマッチ・ポイントを握りつつなかなか決められず、最後までハラハラ・ドキドキの凄い試合でした。
ラファはもうホントに大人気で、トロイツキの素晴らしいプレイもあり、満員の会場は大盛り上がり!
1ポイント、1ショットに歓声や感嘆の声。
私達(テニス好きの友達とその甥っコさんと)も興奮しっぱなしでした。

http://rakutenopen.rakuten.co.jp/php/news_detail.php?article_id=jta_tennis_2010100903

テニスの試合を見て鳥肌が立ったのは初めてで、終わった時になんだか涙が出てしまいました。
ふたりのひたむきなプレイ、素晴らしいショットの数々に、会場の人達との一体感に・・・

ジャパン・オープンは10年くらい前はお客さんも少なかったし、皆シ~ンとして見てるだけで・・・
それが今は、こんなにエキサイティングな大会へと変貌したのですね。
チケットは取りづらくなってしまったけれど、テニス・ファンにとってはうれしいことです。

すれすれのところで勝利をもぎ取ったナダル。
決勝の相手はランキング15位で、とても独創的なテニスをするモンフィス。
明日もきっと、ふたりの本気のプレイが見られることでしょう。

これ以上ない星空

降るような星空を見たことは何度かある。
でも、こんなにたくさんの星を、こんなに広い空で見たことはなかった。

ツアーの車から降りて、車の灯りも消されて、だんだん目が慣れてくると、
あとからあとから星の数が増えてくる。
肉眼で、こんなにたくさんの星を見ることができるんだとちょっと驚く。
こんなに「わかりやすい天の川」も初めてだと思う。
そして見上げることをしなくても、自分の目線の位置にも星を見ることができる。

そう、まるでプラネタリウムみたいだ。
あー、プラネタリウムの方が、この星空を真似しているんだっけね。

借り物のダウンコートをクッション代わりに(!)岩の上に寝転んでみる。
地球のひざ枕で、星空に抱かれているような気持ちになる。
なんとも心地良くて、このまま眠ってしまいそう・・・

ガイドさんが星や星座の説明を始めたので、起き上がって移動する。
レーザーの光が、はるか彼方にあるはずの星を的確に指し示す。
「これがさそりの目。」「この矢の先は・・・に向いている。」「これはヘラクレスが膝を折ってる姿。」
太古の人々が星空に描いた物語に想いを馳せる。
なんて壮大で、ロマンティックな想像力なのだろうと思う。
今、この時代にそれを聞いていること、それもまた不思議。

ある時期、宇宙にとても興味を持って、本を何冊か読んだ。
「ビッグバン」だとか「相対性理論」だとか「1/f ゆらぎ」だとか・・・
記憶力に乏しい私はほとんど忘れてしまったので、またそういう本を読みたくなる。
宇宙のことを知りたくなる。
そういえば最近のニュースで、確か20光年離れた所に地球によく似た環境の星が発見されたとか何とか・・・
なんだか心躍るニュース。
光でさえ20年かかるのだから、とうていそこへは行けないだろうけど。

15人ほどの同じツアーの人達と、お互いの顔も見えない暗闇の中で一体感が生まれる。
今この瞬間、同じ空を見上げて、同じ感動に包まれている。
こんな広い宇宙の中で、この地球という美しい星に生まれた者同士だものね。
ああ、でも人間はなんてちっちゃくて、そして愛おしい存在なんだろう!

「あ、流れ星。」と誰かが言う。「私も見た。」「今の長かったよね。」
「あれ、人工衛星じゃないかなあ。」「あ、そうですよ。」「え、どこどこ?」
その夜私は、流れ星を3個見た。
願い事をすることも忘れていたけれど。

大切な人と一緒に、素晴らしい満天の満点の星空を見た。
最上級の星空。
これ以上の何を望むというのか・・・
だけど・・・これ以上の星空を見ることは、もうできないのではないかと思うと、ちょっとせつない気持ちになった。

イルカと泳ぐ

イルカは夜行性なので、夜に沖で食事をし、朝は岸に近い所でまったりしているのだとか。
そんなイルカのリラックス・タイムに遊んでもらおうというドルフィン・スイムツアー。
遭遇率は99%。
だけどこんなに広い海の上で、野生の彼らに会えるかどうかは、行ってみないとわからない。

午前8時。桟橋から8人乗りの高速ボートに乗り、イルカを探して30分。
船長さんは海や魚に詳しく、目も良いので、イルカを見つけるのが早い。
いた!イルカの群れの近くにボートを止める。しばらく様子を見て・・・
ガイドのリカさん(日本人女性)の「入りましょう。でも、そっとね。」の声でボートの淵からダイブ。

私は泳げない。実は・・・平泳ぎができないし、クロールは息継ぎができない。
でもスキューバ・ダイビングのライセンスは取った。
海の中で自由に呼吸ができて、動き回れる快感に夢中になった。
深くて底が見えないような場所でも、シュノーケルとフィンさえつけていれば全然怖くない。
気持ちは目の前のイルカと一緒に泳げる期待で興奮状態!
シュノーケルも7年以上やってないけど、そんなことも関係ない。
ライフ・ジャケットもフロートも、泳ぐのにじゃまだからいらない。
リカさんとイルカを追いかけて、後はひたすら泳ぐのみ。

イルカは人を癒す力を持っているという。
人の気持ちに敏感で、こちらがフレンドリーだと寄ってきてくれるし、不安を持っていたりすると出て来てくれないという。
そういう点では、私は合格かな。

「まったりタイム」と言っても、泳いでいるイルカは早い。
海の中で人間が太刀打ちできるわけないけど、時々水面に上がってきてくれるタイミングに合わせて泳いでゆく。
そこで一番近く彼らと触れ合えるから。
4頭のイルカの群れと、ほんの1,2mの近さで一緒に泳いだ。
少し潜って追いかけた。すぐに苦しくなっちゃったけど。
水面に浮かんでいる自分の真下を、別のイルカの群れがゆっくり泳いでいく。
一頭のイルカの尻尾の傷までよく見える。子供のイルカもいた。

イルカと目が合うとか、心が通じたとか、遊ぼうよと近づいてくれるとか、そんなところまではいけなかったけれど、なんともいえない幸福感、充足感に包まれる。
ダイビングが大好きだった頃の感覚に戻ってゆく。
海の中にいるだけで、限りない青に包まれているだけで、ただゆらゆらしているだけで幸せなのだ。
そこにイルカがいてくれたら、こんなに素晴らしいことはない。
「野生のイルカと一緒に泳ぐ」という、私の夢の1つが叶った瞬間だった。

ハワイ島・生物

イルカと泳ぐツアーの桟橋で会ったワンコ。幸せそうです。

Dog_on_the_bay_2

カイルア・コナのオープン・カフェで、テーブルに上って来たゲッコー。
体長7㎝くらい、鮮やかな色、顔は可愛い。happy01全然逃げません。

Gecko

ヴォルケーノ国立公園で、つがいの「ネネ」に遭遇!

Nene

プアルウ黒砂海岸のカメ。
昼間は黒い砂浜で日向ぼっこするらしい。着いたのが夕方だったので、すでに水の中でした。
黒い岩の間にいるので最初は気付かなかったけど、目が慣れてきたらたくさんいました!

Turtle

ホテルの朝食はビュッフェ・スタイル。ちょっと目を離すとすずめが飛んで来ます。
ハワイのすずめは人間をあまり警戒しません。なんと手からも食べました!
毎朝おいしい物食べて、よく肥えてます。

Hotel_birds_2

ハワイ固有のアパパネも目撃したんだけれど、葉っぱに隠れてうまく撮影できませんでした。
赤くて小さい、可愛い鳥です。

ハワイ島・景色

空港から溶岩だらけの何もない真っすぐな道を走って行くと、所々に見えてくるリゾート。

私が滞在したのは、ワイコロアというリゾートです。

ホテルの部屋から見た景色

Resort

プールサイドでお昼寝confident

Resort2

島の北側にあるワイピオ渓谷

Waipio

展望台からの景色です。
下に降りて馬車や馬で散策できて、また違った世界が楽しめるそうです。
今回は時間がなかったので、ここまで。

全米一(?)美しいと言われているハプナ・ビーチ

Hapuna

ホントにきれいなビーチでした。
白砂とヤシの木と、手入れの行き届いた公園のような緑。
波はけっこう荒く強くて、私は2回ほど巻かれました。wave
ボディ・ボードが楽しいかも。coldsweats01

そしてキラウエア火山(ヴォルケーノ国立公園)

Volcano

ハレマウマウ火口です。
残念ながらこちらもあまり時間がなく、溶岩の上は少しだけ歩いたけど、海に流れ込む真っ赤な溶岩を見ることはできませんでした。
次回のお楽しみ・・・?

ハワイ島

ハワイ島へ行って来ました。

ホノルルやワイキキ・ビーチがあるのはオアフ島です。って知ってますよね?
(けっこう知らない人もいたので!coldsweats01
ハワイ島はハワイ諸島の中で一番大きい島。火山で有名な場所。
島のいたる所、溶岩だらけでした。

第一印象はこんな感じ。

Hawaii1

島をぐるっと1周する長いハイウェイ、ほとんど直線でずっと先まで見えます。
車も信号も少なく、時速100㎞でひたすら走る・・・

ちなみに、前方に見えているのは「コハラ山」です。
コハラッチのように(?)穏やかな山です。happy02

ビーチの夕陽を見たり

Hawaii2

野生のイルカと泳いだり

Hawaii3

この写真を撮った後、ボートからエントリーしてシュノーケリング、しばしイルカとたわむれました。

でも今回のメインはマウナケア。4000mを超える山です。

Hawaii4

頂上から見る夕陽は、雲海に沈んでゆきます。
写真では伝えられないけれど・・・感動しました。

Hawaii5

後ろに見えているのが、ホントの頂上。夕陽を見たところより少しだけ高いの。
下界は夏だけど、上は3℃。真冬です。なので、こんな格好。

この後7合目まで降りて、待望の星空・・・続きはまた今度!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »