フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生涯グランドスラム | トップページ | 夢でよかった »

携帯メールの返信

高校生の姪や甥の携帯メールの返信はやたら早い。打つのも早い。

何度もやり取りするなら電話すればいいのに・・・と思ったりするけど、

「パケットだから電話より安い。」とかいう事情もあるみたいで。

大人の場合は、人それぞれですね。

仕事中、運転中、誰かと一緒の時、「携帯」なのに携帯していない人(以前はよく私も!coldsweats01)や、すぐ気がつかない人。

理由はいろいろあれど・・・

物理的な問題だけじゃなく、性格的(?)なものや、メール好きか苦手か?

内容の重要度、あるいは関係性の重要度?で

すぐ返してくる人、一日くらいたって返してくる人、返ってこない時も・・・

いつもすぐ返事くれる人から返ってこなかったりすると、体調悪い?と心配になったり、

何か気に障ることしたかな?なんて・・・意外とワタクシ小心者です。

でも、自分でも気がつかなかったり、返すの忘れてて、悪いことしたなと思うことも時々あったりするから、そんなに気にする必要はないのかもしれないけど、

電話と違ってホントに届いているのか読まれたのか、送った方は心配になったりするから、その確認のためにも一言でも返した方がいいんだよね、ホントは。

逆に返信、返信で、どこまで続ければいいのかもわからなかったり。(高校生じゃあるまいし。)

メールと言えども、あまり遅い時間に送るのは悪いかな?とか思ったり・・・

携帯メールのマナーって、今さらながら難しい。

文章も、タイミングも、人なり、でしょうか。

このブログのコメントも、公開や返信が遅くなってしまったらごめんなさいです。

スパムも少なくなったので、そろそろ承認制をやめてもいいかなと思っています。

« 生涯グランドスラム | トップページ | 夢でよかった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにメールって
返信がなかなかこないときは
ちゃんと送れてるか不安になることありますよね

かといって相手に聞くのも悪いし
だったら電話しろよ!みたいな感じだし

ただ電話というのも相手が仕事中だったり
誰かと寛いでいる時だったりしたら
邪魔したら申し訳ないな~とか思うこともありますもんね

最近はどうしても返信が必要なメール以外は
もし届いていなかったり送れてなかったりしても
そのメール自体が送られる縁じゃなかったのかな~とか
そんなふうに考えちゃってます

彩ね。さん、こんにちは!
メールにも「縁」があるって考え方はおもしろいですね。そう思うと、気がラクかも。
ただ「つぶやき」のようなメールならいいけれど、大切な要件が入っていたりすると困りますよね。
私の場合は、PCのメールが時々おかしい(?)ので、ちょっと不安です。

メールは面倒なんでしたくないんですが
電話より経済的なんでしょうがなく使ってますthink

それと電話は聞き間違いとかあると困るので
そういう点はメールが便利かなと思いますけど・・・

確かに…
でも重要な用の時でパソコン調子悪かったら

相手との距離感にもよりますけど
「パソコンの調子が悪い」旨を伝えた上で
お手数ですがメールが届いたか返信頂けましたら
幸いですって書く事もあるかも…

私はメールで絵を送る事もあるので
たま~にちょっと姑息?!な手をつかって

添付ファイルがついてると
パソコンのセキュリティーによっては
迷惑メールにはじかれてしまうので

届いてるか教えてくださ~いっていうメールを
別途送る事があります(~_~;)

トシさん
やっぱり電話よりお得なんですね。
聴き違いがなくなる、言葉では言えないことや伝えづらいことが文章で送れる、というのもメールの良いところですね。

彩ね。さん
は、絵を送られるんですね。
音楽も今や、PC上のファイルでのやり取りです。時代は変わりました・・・
「添付ファイル」がはじかれてしまうんですね。
迷惑メールはそれだけじゃなくて、他にも影響を及ぼしてホントに迷惑なヤツですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/36535587

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯メールの返信:

« 生涯グランドスラム | トップページ | 夢でよかった »