フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 終わらない夏 | トップページ | テニス全米オープン »

永遠のPARADOX

PARADOXに迷い込むのは、終わらない夏のせいなんです。
・・・って、何のことかわからないよね。「No pain No gain」を知らない人には。
「永遠のPARADOX」
あの曲はあのアルバムの中で、ちょっと異質だったと思います。

実は、20代の頃旅したバリ島がモチーフです。
バリ島って他の南の島と違って、どこか宗教的というか、神様の存在を感じるんですね。
(そんなにイロイロ南の島へ行ったワケではないけれど。
ちなみにバリには、バリ・ヒンズーという独特な宗教がある。)

バリ島のダンスは「ケチャ」も有名だけど、私が見たのは「バロン・ダンス」。
日本でいう獅子舞?みたいな格好をした、聖獣「バロン」と魔女「ランダ」の闘いの踊り。
でもこれは、善が悪を倒す勧善懲悪の話ではなく、終わりのない物語なのです。
善と悪・・・相反するものがバランス良く共存してこそ、この世界があるというのがバリ人の考え方だそうで・・・
善も悪もどちらも受け入れているのです。

その考え方が、その時の私にはすごく新鮮で、印象深くて、あの曲が生まれました。
終わらない夏の島の、終わらない物語。
善と悪も、愛と憎しみも、生と死も、背中合わせ。
ガムランの響きの中で、延々と続く踊り、熱風の中で幻を見るような・・・

とにかく不思議な島でした。
あの頃、ちょっとしたブームだったけれど、今どうなんでしょう?
どこへ行っても「1000円」「1000円」と言って寄ってきた、モノ売りの子供達は今もいるのかな?

今日はちょっとだけ「セルフ・ライナーノーツ」でした。

« 終わらない夏 | トップページ | テニス全米オープン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんはmoon3
…なるほど、確かにあのアルバムの中では異質な曲とは思っていましたが、私はメロディとアレンジ(石川さんのバッキングVo.も)が情熱的でMIEKOさんってこんな曲も書かれるのか、と改めて才能を再認識させられた曲でしたが…

バリ島がモチーフでしたか、あのアルバムのフォトブックのイメージなんでしょうか?


果てしない 時を旅して
求め合い 傷つけ合い
幾千の遠い過去から くりかえす
同じ時 同じこの星
生まれ来た 奇跡の中
終わらない愛と憎しみ 永遠の Paradox

ですね!それを踏まえた上で、改めてジックリ聴いてみます♪music

フォト・ブック・・・そうでしたね。
撮影地はもう少し北のサイパンでした。
レコーディングが押しに押して、朝のスタジオから直接空港へ向かった思い出があります。
連日&徹夜のスタジオ・ワークで疲れ切っていましたが、海好き、南の島好きの私には、「がんばったね。」と、ご褒美をもらったような気持ちでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/36484128

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のPARADOX:

« 終わらない夏 | トップページ | テニス全米オープン »