フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世界へⅡ | トップページ | マシーンの上で »

WB bear

錦織選手もまた、グランドスラムの厳しさを知った試合でした!
好調で、本気の、世界No.1の敵には、まだなれなかったね。
それでも錦織くんの独創的なテニスが随所に見られて、読みがうまいナダルの意表をつくショットが何本もありました。
これからがますます楽しみです。

それにしても、あんなにシ~ンとしたセンター・コートって、あまり見たことないかも。
錦織くんの緊張は当然、トップ選手にとっても初戦は緊張するものだそうです。
しかもナダルは、かなり錦織くんを警戒していたと思う。
その緊張感がお客さんにも伝わってか、最初ホントに静かだった。
そんな中、初めてのセンターコートでのファースト・ゲーム、コイン・トスに勝ったナダルにレシーブを取られ、自分からサーブを打つ・・・って、どんな感じなんだろう?
ポーカー・フェイスの錦織くんだけど、心臓バクバクだったんだろうなあ。
日本人男子のセンター・コートは松岡修造さん以来ということなので、この経験をぜひ次につないでいってほしいです。

今回のウィンブルドン、日本人は5人本戦出場しています。
伊達さんも負けてしまったけど、森田あゆみちゃん、奈良くるみちゃんふたりの若手が初戦突破しました!ヽ(´▽`)/
特に、森田さんの後半のプレイは凄かったです。
昨年のジャパン・オープンで久しぶりに見た時、体つきがすっかり変わってパワフルなショットを放っていたものの、なかなか結果が出なかった彼女。
グランドスラムの初勝利で自信をつけて、これから一気に上ってゆけるかも!

Wbbear

ウィンブルドンの熊さんです。
紫とグリーンの配色が伝統のウィンブルドン・カラーなのです。
そういえば bear って「耐える」って意味もありましたね。

« 世界へⅡ | トップページ | マシーンの上で »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WB bear:

« 世界へⅡ | トップページ | マシーンの上で »