フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 真夏日その2 | トップページ | 臨戦態勢 »

クリック音

今日は専門的(?)なお話。
レコーディングで使われるクリック音というのがあります。
かつて「ドンカマ」とも呼ばれていた、テンポ合わせのためのメトロノームのようなモノ。
レコーディングの時ミュージシャンは、この音をヘッドフォンで聞きながら演奏します。
もちろん他の楽器や歌も聴くので、だいたい別のチャンネルに分けてもらって自分の好みの音量バランスでやるのです。

昔のレコーディングにはコンピューターも多チャンネルもなかったので、ドラムに合わせたり、指揮者に合わせて、せーので録っていたのですね。
なので正確なピシっとしたリズムにはならないけれど、揺れたり少しずれていたり、それが味になっていたのです。
ビートルズなんかそうですよね。

ところで、レコーディングでも歌入れの場合は、私はほとんどこのクリック音を聞かずに歌います。
よっぽどリズムっぽい曲だったり、ブレイクがあって合わせづらい場合なんかを除いて。
ドラムや他の楽器でリズムは充分とれますから。
特にバラードなんかはいらないと思います。思っていました。

実は今日、とあるスタジオを見に行ったのですが、そこでクリック音を聞きながらバラードの歌入れをしていたのです。
あの音を聞きながら、彼(シンガー)は歌の世界に入りづらくないのかな・・・
バラードだし、自由に、感情のままに少しリズムが揺れるくらいの方が味が出るのになあ・・・
でも私の詞曲でもないし、私がディレクターでもないし・・・でも歌ってる人のことはちょっと知ってるし・・・で、ガマンできず、つい一言。
でも、今日のディレクターさんはずっとその方法でやってきた方のようで・・・
そして、何度も歌っているうちに、だんだんと彼の歌も良くなってきました。
感性はひとりひとり違うし、スタジオ・ワークにもいろんなやり方があるんだなあと、改めて、しみじみ思った私でした。

ところで、このクリック音。
当然ミックス(仕上げ)の段階で消されてしまう音なので、リスナーは聞くことができません。
でもね、わざとそれを残した曲があります。残したというより、この音もオケの一部なのです。
Miekoの「2つの道」という曲です。catface

« 真夏日その2 | トップページ | 臨戦態勢 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

miekoさんのCDは全部?(5枚)持ってるけど
「2つの道」ってどのCDに入ってるのかなsign02

後で聴いてみますear

「2つの道」にリンク貼りました。
聴いてみて下さい!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/35343379

この記事へのトラックバック一覧です: クリック音:

« 真夏日その2 | トップページ | 臨戦態勢 »