フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一ヶ月前 | トップページ | 宿題 »

ふと思う

考えてみたら、
いつもレコーディングが終わってから、その曲をライブでやってたんだよね。
あーもちろん、ライブが先ってのもあったけど。

歌いまわしの話です。
メロに歌詞をどう乗せて、どう歌うか、というヤツです。

レコーディングで何回か歌ってみて、場合によっては歌詞を変えたりなんかして
いろいろ試行錯誤するワケですよ。
で、一番いいねっていうのが完パゲになり、それを何度も聴いているので
ライブで歌う頃には、自分で自分の歌をコピーしちゃってる感じ?

でもライブが先だと・・・
やっぱり何回も練習して録って聴いてみるしかないよねー。

昔はね、曲をもらったりすると、ほぼ音符の数どおりきっちり歌詞をつけていたのです。
なにしろ性格がマジメだった(過去形?)ので・・・coldsweats01
(レコーディングの曲作りというのは、ほとんど曲先が多いのです。)
でも、ある日そうじゃなくていいんだ!ということに気がついたのです。
多少字余りでも、少なくても、意外にそれで歌がおもしろくなったりするからです。

作詞を頼まれてメロディに歌詞をのせていく時って、もちろん自分でも歌いながら作るけど、
渡した人の歌い回しが自分と違っていたってことがけっこうあって、
その人の歌いグセとか感性(あるいはディレクターの)って、
ひと皆それぞれで、おもしろいなあと思います。

私はざっくり言ってしまうと、
その決定権は歌う本人にあると思っているので、
つまりリリースするまでの過程では、歌は歌う人のモノだと思っているので、
その人がどれだけ気持ちよく歌えて、入り込めて、自分を表現してなんぼだと思うので。
そして、歌の行方など含めて最終的な責任はやっぱり歌う人が負うものだと思っているので。
ん?と思っても何も言わないの。
というか、レコーディング自体にあまり立ち会ったこともありません。

話がそれてしまったけれど、
去年作った新曲は、歌詞をのせて歌う作業がすんなり行ったのだけど、
今はけっこう苦労しているのです。
曲も詩もまだいじる余地があるから・・・っていうのもあるんだけどね。
迷い道くねくね~です。
ずいぶん長い時間いじくってます。happy02sweat01

« 一ヶ月前 | トップページ | 宿題 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/34543307

この記事へのトラックバック一覧です: ふと思う:

« 一ヶ月前 | トップページ | 宿題 »