フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日は | トップページ | 4月の雪 »

KingさんとTaylorさん

昨日の寒さ~今朝のみぞれsnow雪にはびっくりですね!
でも昨日の武道館は、とても温かい雰囲気に包まれていました。

考えたら私、キャロル・キングのアルバムを一枚持っているだけで、ジェイムズ・テイラーの曲はほとんど覚えていないんだけどね、ふたりはシンガーソングライターの元祖?みたいな人。
キャロルさんは五輪真弓さんや初期のユーミン(荒井由美の頃!)が影響を受けた人だと思われ、つまりは私達の先輩の先輩のような人なのですね。
ジェイムス・テイラーが最初の曲を歌い始めた時には、ヤスさんの影がだぶって見えました。
やっぱり「自分で曲を作って弾き語る」という、100%無添加のまるで有機野菜のようなそんな音楽に惹かれます。
特にあの頃の曲って、メロディがきれいで、メランコリックで懐かしくて・・・ベースにカントリー・ミュージックやブルースがあるからかな。
キャロルさんの声は、かすれ具合といい抑揚といい、独特なかっこよさがあるし、ジェイムズさんの声はこれまた素朴で哀愁感があって、とても良い声だと思いました。
ふたりとも、声そのものの中にすでにStoryがあるのですね。

武道館のコンサートで途中休憩が入るというのも初めてでしたがcoldsweats01・・・キャロルさんは68才?と思えないくらい、ピアノ、ギターは当たり前、ハンド・マイクで踊ったりカタコトの日本語も素敵で、とてもキュートなおばさん(?)でした。
あんなふうに年を重ねてゆけたら、理想だなぁ。
終始淡々と、渋い感じのジェイムズさんとのコンビネーションも絶妙で、長い友情の中で育まれたふたりの間にある信頼感や温かさみたいなものが感じられて、深みのある、心暖まるコンサートでした。

お客さんはこの前のBSBと年齢層が全然違って(当たり前か)、しかも男性が多かったです。一緒に歌ったりして、洋楽ファンのおじ様達、もちろん女性も皆楽しそうでしたね~。happy01
ああいう顔を見たいからね、私達も微力ながら何かできればなあ・・・と、日々精進しているワケです。heart01

« 今日は | トップページ | 4月の雪 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267571/34260011

この記事へのトラックバック一覧です: KingさんとTaylorさん:

« 今日は | トップページ | 4月の雪 »