フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バンクーバー | トップページ | 追い込む »

思い切りの良さ

スピード・スケート500m、銀・銅メダルおめでとう!
「足がちぎれてもいいと思った。転んでもいいから、速く行こうと思った。」と長島選手。
「銅メダルは悔しい。小さいミスがたくさんあって満足の滑りではない。でも本番一発の勝負だから、これが今の自分の実力。」と加藤選手。

たった一度の本番は「思い切りの良さ」が大切で、その結果はすべてひっくるめて今の実力。
って、ライブと一緒だなあと思いました。

なんで私はこうもスポーツ選手の言葉に共感してしまうんだろう?
いろんなヒントをもらっちゃうんだろう?
もしかして、私だけじゃないのかしら?
考えたら、いろんな場面に共通する普遍的なことなんですよね。
例えば、受験とか、仕事とか、転機とか・・・人生そのもの。
ラッキーはきっと、地道な努力の果てに訪れる(かもしれない)神様からの贈り物。
だからね、4年に一度のオリンピックから目が離せない。

とにかく、良いライバル関係のふたりが共に、前回オリンピックのリベンジを果たして表彰台に登ったことは素晴らしいです!
そして日本にメダルがもたらされて、この後のメダルを期待されている選手達にはプレッシャーの解放(まで行かないかな?)と共に大きな励みになったことでしょうね。

液晶テレビで見るオリンピックは臨場感と迫力があって、なかなか楽しいです。
滑降のスタート地点からの景色とか見ると、あー、キレイだなあと思います。スキーが好きだった頃、雪景色の美しさに心奪われたことを思い出します。
あのスピードは凄すぎるけれど・・・
選手達には、景色を楽しむヒマなんかないんでしょうね。

« バンクーバー | トップページ | 追い込む »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い切りの良さ:

« バンクーバー | トップページ | 追い込む »