フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

確定申告

今年もこの季節になりました。
夏休みの宿題のように、ギリギリにならないとやらないこの性格。coldsweats01

Tax

ふたりの涙

女子フィギュア・スケート。
キム・ヨナ選手がパーフェクトな演技を終えた後、流した涙に思わずもらい泣きしてしまいました。演技の美しさ、凄さに感動したのと同時に、彼女のこれまでの計り知れないプレッシャーを感じたから・・・

そして真央ちゃん。演技を終えた直後のインタビュー。
質問されても答えられず、言葉を詰まらせて流した涙。
自分がパーフェクトに滑れなかったことが、勝負に負けたことよりも悔しかったのだろうなあと思いました。
出場できなかった4年前から、ずっと努力して、準備して・・・
金メダルを取るために難しい曲と難しいジャンプに挑戦して、
できる限りのことをすべてやってきたはずなのに・・・

上村愛子ちゃんの時もそう思ったけれど、
4年に一度のオリンピックに自分のピークを持ってくること、
あるいは、自分がその競技の頂点の位置にいることって、
本当にたいへんなことですよね。

でも、この前も今日も・・・
キム・ヨナ選手の精神力が少しだけ真央ちゃんを上回っていたような気がします。
表彰台でもずっと悔しそうな顔をしていた真央ちゃん。
Winnerになれる人は皆、Good loser だったはずだから。
次はきっと、もっと強い真央ちゃんが見られる、そんな気がしました。

春一番

昨日も今日も暖かくて、暖か過ぎて、そのせいで東京は濃霧に包まれたんだそうですね。東京湾の水温との温度差から?
中部国際空港には、濃霧でも電波で離着陸を誘導できる最新の装置があるそうで、羽田も導入を考え始めたとか・・・
いろいろな場所で、いろいろな現象で、人間が想定した範囲を超えて自然がどんどん変わってゆきますね。
温暖化は、人間だけのせいなのかな?
地球が怒っているのか?
それとも地球の運命なのか?

今日は関東地方にも春一番が吹きました。
「春一番」って、なんだか優しい響きだけど、語源は厳しい悲しいものだったと、今日テレビとラジオで2回同じ話を聞きました。
1859年の2月13日、長崎県で漁に出ていた船が強風で次々と転覆し、53人もの漁師さんが犠牲になったそうです。
それから春に吹く強い南風を「春一」「春二」と呼んで警戒したそうです。今でも2月13日には漁を休んでいる地域もあるとか・・・
去年までそんな話を聞いたことがなかったのに、一日の中で二度も聞いて・・・そんなこともあるんですね。

私の感覚だと、春一番は毎年2月の中旬くらいに吹いて、その後まだ寒い日が戻ってくるイメージなので・・・
もしかして今年は遅めなのかな?
もしかして、このまま暖かくなってしまうのでしょうか?
子供の頃に体感していた2月と、今はずいぶん違うような気がします。

ふたりの精神力

女子フィギュアのSP。
真央ちゃんの完璧な演技。苦手なショートで素晴らしかったですね。
しかし、その後のあの会場の雰囲気の中で、キム・ヨナ選手がさらに素晴らしい演技を見せてくれました。
プレッシャーに弱かった彼女はもういませんね。
すごいなあ・・・ふたりの精神力。
4年に1度のたった一回の本番に、自分の力を存分に出せるなんて!
ふたりは本当に良いライバルなんだろうなあ。
明後日もハイ・レベルな闘いを期待しています!

tennisテニスの錦織圭選手、オリンピックのニュースの陰で、今週ATP(男子ツアー)のトーナメントに復帰していました。
手術後、練習を許された後も肘の痛みがなかなか取れなかったということで、当初の予定から一ヶ月近く遅れての復帰です。
偶然にも2年前、予選から勝ち上がって優勝したアメリカのデルレイ・ビーチ国際選手権。残念ながら一回戦敗退でしたが、これから徐々に、あせらずに、調子を上げていってほしいです。
高橋大輔選手の活躍を見て、錦織くんも勇気づけられたかな?

私も今日はランニングしました。run
1月は目標どおり週に10㎞以上走っていたけれど、今月はあまり体調が良くなくて、今日が2回目。sweat01
でも、春のような陽気で走りやすかったな。(マスク付き!)
毎日のように目から刺激を受けているので、なんとなくがんばれるのです。ヴィジュアルって大事ですね。
私も手術後(小さいけど)なのでね、あわてず、あせらず、行きます。

日常が大事

松本の街を歩いていた時、明るくカジュアルな雰囲気の食器屋さんがあって、なんとなく入りました。そこで出会ったこのお皿。

Dish

森正洋さんの「平形めし茶わん」という作品です。

実は15年くらい前に東京ドームの「食器市」に出掛けた時、このお皿が気に入って色違いで5枚購入しました。
ご飯茶わんにはしていませんが(お粥にはよく使います!)、使い勝手が良く重宝しています。
ずいぶん前に一枚割れてしまって、普通のお店ではなかなか売っていないのでそのままになっていました。
松本の街で偶然、見慣れたおわん達に出会いました。
さまざまな色や絵柄があって割れてしまったお皿を良く覚えていないのですが、たぶんこの色だったと思います。
また5枚になりました。おかえりなさい!?confident

Dish2

森さんのメッセージ「毎日使う、日常の器こそが、一番大事な器です。」という言葉にひどく共感して、森さんのHPを見たら、2005年にお亡くなりになっていました!
残念ですが、また出会えて買っておいて良かったなあと思います。

日常使うものが一番大事。私も最近感じていたことです。
来客用、よそゆき、おめかし・・・それも大事だけど、毎日のことこそ大事にしたいなあと思います。
部屋着とかパジャマなんかも良質で心地良いものに包まれていると、明日の元気が違うような気がします。
毎日使うもの、触れるもの、毎日食べるもの、毎日見るもの、聞くもの・・・毎日一緒にいる人も大事ですね!catface

遠出のお散歩

帰って来ました。昨日の続きアップします。happy01

往路。とても天気が良かったので、富士山もキレイに見えました。
中央高速の双葉SAからの一枚です。

Mfuji_2 

松本駅付近 可愛いマンホールの蓋

Matsumoto1

四柱(しはしら)神社へ続くナワテ通り 入り口にいたカエルさん

Matsumoto2

松本城にて 後ろに穂高連峰?が見えます。

Castle_2

帰りの高速から見えた 八ヶ岳

Fway

松本城

松本城
突然ですが、今日は松本を散策しています。(^^)

復活

メダルを取ってほしいと思っていたもう一人の選手、高橋大輔さんが銅メダルを獲得しました。
今日のフリー、最初はなんかおもしろい衣装だなあと思ったけど、演技を見て感動しました。
なんだろう、本当に顔から体全体で表現していましたよね。
ケガ~手術、リハビリ、そこからの練習、スケートやオリンピックへの想い、苦しみ、喜び・・・すべてをあの瞬間にぶつけていたような。
魂が伝わってくる演技だったなあ。
最近すごくいい顔になっていたけど、今日はまた一段と「いい顔」してましたね。

ケガしたり落ちたりした後、復帰してがんばってる人は応援したくなります。すごいなあと尊敬します。
マイナスからの再出発は容易なことじゃないと思うから。
戻って来るまでの苦労がその人を一回りも二回りも大きくさせるから、精神的に強くなって、客観的になって、前よりそのことを楽しんでいたり、喜びや感謝を感じている人が多いような気がします。
見ている私達にも勇気を与えてくれます。

「再出発は何度でも、いつからでもできる。」
私もがんばろ!

Back Street Boys

Bsb

さいたまスーパーアリーナはちょっとね・・・と思ったんだけど、武道館で追加公演と聞いて行って来ました。
ポップなメロディとコーラスが心地良いBack Street Boys。
映像もたくさん使われて、私でも踊れそうな(?)親しみやすいダンスも4人のキャラも素敵で楽しいコンサートだったけど、残念なのはバック・ミュージシャンがいなかったこと!
DJ兼シンセ・ドラマー(?)ひとりだけで、あとは全部打ち込みでした。wobbly
アコスティック・ギターが効果的に使われた曲もたくさんあるのに、生で見られないのは残念でした。
たぶんプラスアルファのコーラスもオケに入っているんだろうなあ。
CDのあのゴージャスな音を再現するにはしかたないのかもしれないけど、もっと生の音を聴きたかったなあ。
朝の某番組でやってくれたように4人のアカペラも聴きたかった。
実力はあるし、もう長いことやってるけど、彼らはアイドルなんでしょうか?
1曲目から2階まで総立ち、20代~30才前後の女性がほとんどで、色とりどりのペンライトが揺れる会場を見るとそんなふうに思えます。

今日の公演は4月3日にWOWOWで放送されるそうです。

追い込む

国母選手のことが話題になってますね。
朝青龍の記事でもおわかりかと思いますが、私キライじゃないです、ああいう人。coldsweats01

空港でのこと、彼は自分のスタイルを貫こうとした。
周りの人間が、それを抑えることができなかった。
「反省してま~す。」
どれだけの人間を敵に回すかわかっていて、ああいうことを言う。
あんな態度で結果が出せなかったとしたら、どれだけ叩かれることか!
あくまで自分のスタイルで、自分のペースを守って、
何を言われようと、
すべては競技で、結果で勝負する。
そうやって自分を追い込んでいるのだとしたら?
それは考え過ぎでしょうか?
もしかして、ホントに何も考えてないのかもしれないけど・・・
いきがっちゃって、カワイイってのは言い過ぎかな?
少なくとも、巧みに本音を隠して皆に好かれようとする人より好きかも。

テニスの世界では、ああいうコが大人になって行く過程で、どんどん強くなってゆくんだけどなあ・・・

スノーボード、ハーフ・パイプは明日ですね。楽しみ!

思い切りの良さ

スピード・スケート500m、銀・銅メダルおめでとう!happy01
「足がちぎれてもいいと思った。転んでもいいから、速く行こうと思った。」と長島選手。
「銅メダルは悔しい。小さいミスがたくさんあって満足の滑りではない。でも本番一発の勝負だから、これが今の自分の実力。」と加藤選手。

たった一度の本番は「思い切りの良さ」が大切で、その結果はすべてひっくるめて今の実力。
って、ライブnoteと一緒だなあと思いました。

なんで私はこうもスポーツ選手の言葉に共感してしまうんだろう?
いろんなヒントをもらっちゃうんだろう?
もしかして、私だけじゃないのかしら?
考えたら、いろんな場面に共通する普遍的なことなんですよね。
例えば、受験とか、仕事とか、転機とか・・・人生そのもの。
ラッキーはきっと、地道な努力の果てに訪れる(かもしれない)神様からの贈り物。
だからね、4年に一度のオリンピックから目が離せない。

とにかく、良いライバル関係のふたりが共に、前回オリンピックのリベンジを果たして表彰台に登ったことは素晴らしいです!
そして日本にメダルがもたらされて、この後のメダルを期待されている選手達にはプレッシャーの解放(まで行かないかな?)と共に大きな励みになったことでしょうね。

液晶テレビで見るオリンピックは臨場感と迫力があって、なかなか楽しいです。
滑降のスタート地点からの景色とか見ると、あー、キレイだなあと思います。スキーが好きだった頃、雪景色の美しさに心奪われたことを思い出します。
あのスピードは凄すぎるけれど・・・dash
選手達には、景色を楽しむヒマなんかないんでしょうね。coldsweats01

バンクーバー

上村愛子さん、今回もメダルには届きませんでしたね。
でも、「全力で滑ることができた。」と語った涙がとてもキレイでした。
4回もオリンピックに出場したことだけでも素晴らしい、凄いことですよね。12年間以上ずっと闘ってきたんだもの。
たぶん、とても優しい心の持ち主の愛子ちゃん。
彼女はこの先、どうするのかな。
これからの彼女の生き方に興味があります。

里谷多英さんの「攻め」の滑りにも心打たれました。
転ぶまでの彼女の演技はとてもエキサイティングで、思わず見入ってしまいました。
あの人はやっぱり、何か持っている人ですね。
モーグル女子は、頼もしい後輩の姿も見ることができて・・・このふたりの存在があったからこそなんですね。

昨日は開会式を所々ですが見ていました。
カウント・ダウンの瞬間は、やっぱりトリハダものでした。

セリーヌ・ディオンとかアヴリル・ラヴィーンが出るんじゃないかと期待していたんですけど、渋いおじ様になったブライアン・アダムスとK.d.ラングの歌を久々に聴けて良かったです。
白の大きめのパンツ・スーツで現れたK.dラング。
最初は男の人かと思って見ていたんだけど、アナウンスで「・・・ラング。」そして、あの歌声。
え?あのK.d.ラング??とびっくりしました。
CDのジャケットでしか見たことなかったので・・・
素晴らしい、魅力的な歌声でした。
昨日は昔買った彼女のCDを引っぱり出して来て聴きました。

ふたりともカナダ出身だったのね~と初めて知った私なのでした!

自分チョコ

今年はサンデー・バレンタインということで、世間を飛び交う義理チョコの数は減りそうで、各社の宣伝も本命チョコ&自分チョコに力を入れてますよね。

私は家族と友達と・・・味見と称して毎年自分にも買ってしまいます!
1月末くらいから、テレビや雑誌の特集などでチョコやスウィーツを目にするとやっぱり食べたくなるし、お店で色とりどりの可愛いチョコを見ると興味をそそられるし。(踊らされてる?)coldsweats01

でも、甘くて可愛いお菓子って、それだけで幸せな気分。
頭を使った時、疲れた時、ストレス解消にも良いし・・・
チョコは日保ちも良いので、ちょっとずつ楽しんで長い間幸せに浸れそうです。

最近のお気に入りは、ベルアメールのカラフル可愛いチョコheart01

Choco_2

と、チョコ・マカロン

Macaron_3

マカロンはあまり興味がなかったけど、このチョコ・マカロンにははまりました!

昨日のクロベエもチョコ・ケーキの一種ですね。
食べ過ぎには注意しなければっ!happy02sweat01

クロベエ

受験のため東京に来ていた姪が、お土産に「クロベエ」というバナナのお菓子を頼まれたというので調べました。
思ったとおり「東京ばな奈」の黒い方でした。
黒ベエ・・・そんな名前だとは知らなかった。
うちにも一箱買って帰りました。
周りがココアのスポンジケーキで、中のクリームは元祖ばな奈と同じ?甘さひかえめで、美味しいです。delicious

Banana

霧雨RUN

今日は2週間ぶりのランニング。
祝日なのにこの寒さと天気のせいで、公園を散歩する人も犬も少なかったです。
途中で細かい雨が降り出したけれど、ミスト状の雨は喉に優しくて、冬RUNには心地よいのです。(^^)v

それにしても一日中暗くて、寒々しくて、なんとも静かな休日でした。
今夜はまた雪でしょうか…?
九州の方では「春一番」が吹いたようです。

水ぬるむ

今日は暖かかったですね。(*_*)
春を待つ人は多いのでしょうが、私は春が苦手なのです。
水ぬるむって感じが、なんだか体に合わないみたいで…
花粉のせいもあるのかな?
自律神経も乱れやすい季節ですよね?
とにかく春は眠くてボ〜ッと(いつも以上に!)してしまいます。(>_<)

冬季オリンピックのバンクーバーも異様に暖かいんですよね?
選手もスタッフもたいへんでしょうね。
モーグルの愛子ちゃんにメダルを取ってほしいなぁ!

日本はそろそろ春一番も吹く頃ですね。
でも、また明日から寒いみたいだし…
風邪と花粉に気をつけましょう!(^^)

モンガラカワハギのワイン

ラベルがモンガラカワハギのワインを見つけました。
海の中で出会った超個性的なお魚fishちょっと大きめで、いつも一匹で泳いでいて、このデザイン。目立たないワケがないです。
愛敬ある彼(彼女?)を私は「モンガラちゃん」と呼んでいました。
ダイビングはずっとやっていなかったので、まさか吉祥寺のワイン屋さんでモンガラちゃんに再会するとは思っていませんでした!

Wine_fish



Trigger_fish_2

ハワイのお土産にもらったモンガラちゃん

小中学校合同新年会

昨夜は地元で、小学校・中学校同級会の合同新年会がありました。
小学校だけ一緒だった人、中学だけ一緒だった人、または両方同じ学校だった人と大きく3つに分けられるので、つまり初対面の人もあり、卒業以来の再会だった人もあり・・・ということになるのですね。
実は、昨年7月のNo・re・So・reプライベート・ライブの時に集まってくれた面々がほとんで、さらに年末のライブでは、私の知らないところで初対面の人同士の交流も深まったようです。
そんな輪が広がって、今回の新年会につながったのです。
こういう連鎖は、とてもうれしいですね。happy01

皆若々しくて、おじさん&おばさんには見えず(と思ってるのは自分達だけ?)、お酒も強いし、元気だし、そのパワーたるやスゴイです。
アラ・フィフ軍団恐るべし!
皆が楽しめて元気になれるようなライブを!と思っているNo・re・So・reですが、逆にいつもパワーをもらっているような感じです。up

何十年という時を経て、きっとそれぞれにそれぞれの人生があって、酸いも甘いも経験し(?)、でも集まった時には陽気に飲める。beer
昔のあだ名で呼び合ったりもして・・・
そんな仲間がいるって、素敵です。

変な人コンプレックス

音楽が大好きになった高校生の頃、売れていたシンガー・ソング・ライターは皆個性的な方ばかりでした。泉谷さん、拓郎さん、陽水さん、ユーミン、それからMCがとっても上手な谷村さんとか財津さん、こうせつさん、さださんとか・・・
私はしごく真っ当で地味な性格だったし、おしゃべりも苦手だったので、やっぱりミュージシャンにはなれないなあ、と思ったりしたものです。
それを私は「変な人コンプレックス」と秘かに呼んでいました。

一つのことに秀でている人は、どこか変わっていたり壊れていたりしますよね。それが天才だったら、なおさら。神様が作ったバランスなのか、破天荒な人ほど、どこかが欠落しているような・・・

私はお相撲はあまり興味がなかったけれど、朝青龍という人がキライではありませんでした。土俵でのふてぶてしい顔も、「ファン太郎」で見せるようなお茶目なところも。
テニスを見ていても、品行方正でまじめな人よりちょっと悪童っぽい人が好きだし・・・それは自分にないものを無意識に求めているのかもしれないけれど。

今回、朝青龍の引退騒動を見ていて思い出したのは、MJとタイガー・ウッズでした。皆、何かに依存していて、それがなければ耐えられないくらいのプレッシャーと闘っていたのでしょうか?
年末のMJのドキュメンタリー番組を見ていて思ったのは、なぜ彼を守ってあげられる人、彼に正しい助言ができる人がそばにいなかったんだろうということでした。
その存在があまりにも大きすぎるから?あるいは自分の利益のために近づいてくる人が多すぎるから?

そこで思い当たる・・・テニスのフェデラー選手のこと。
このブログでも何度か書いていますが、彼は史上最強のプレイヤーと言われ、現在も様々な記録を更新しています。タイガーとも親交が深く、誰も近づけない場所にいる者同士、解り合えることが多かったのだと思います。
フェデラーは人格的にも世界中で尊敬されている人です。10代の頃はかなり気が短かったようですが、今はそれこそ「品格」をも併せ持った真の王者です。
彼のそばには、ずっと彼を支えてきたミルカさんという女性がいます。
やはりテニス選手だった彼女は、彼の恋人兼マネージャーとして生きる道を選びました。その頃からフェデラーのあの快進撃が始まったような・・・
いつも応援席にいる彼女はとりたてて美人でもないし、逆にふてぶてしい感もあり、なぜフェデラーはずっとあの人と付き合ってるんだろう?と疑問でした。
でも、あのフェデラーがグランドスラムの表彰式で子供のような泣き顔を見せる(何度もあります!)時、そしてミルカさんがそれを母のような眼差しで見守っているのを見た時、すべてがわかるような気がしました。
彼女は偉大な女性であり、彼女を選んだフェデラーも賢い人なのだと。

ところで、「変な人コンプレックス」の話を友達にすると、「ミエコも充分ヘンだから大丈夫だよ。」という、励ましなのか、けなされてるのかわからないことを言われたりしますが・・・こんな私を人生のパートナーにと思ってくれた人は、かなり奇特で変な人でしょう。
それだけは間違いない。

お風呂の中で

FRISKのCMだったかな。
アイデアが浮かぶ場所が次々と出てくるCM知ってますか?

例えば、街を歩いている時何%、公園何%、お風呂何%、トイレ、バスの中とか、いろいろ出てきて・・・
最後に「会議室0%」っていうのが、笑えます。
ホントにそのとおりかも!

私の場合、メロディが浮かんでくるのはお風呂が多いです。
あと車の中とか。
忘れないように何度も口ずさんで、頭の中に譜面を書くことも。
後で楽器の前で歌ってみると、思ったより良くないとか、あ~またこのコード進行か・・・とボツになることも多々あります。happy02
自分の好きなコード進行というのがあって、鼻歌で作るとどうしてもそこへ行ってしまうことが多い。
自分らしいと言えばらしいんだけど。note
ワン・パターンから脱却したい~と思いつつ、日々格闘しています。

追儺(ついな)

今日は節分。追儺の日です。(←クリックしてね。)
友達が「今日は大みそかなんだよ。」と言っていたのは、
これか~と納得。
夜も遅くなってしまったので、小さめの声で豆撒きしました。coldsweats01

23_2

毎年近くの白山神社で、お豆を頂いて来ます。
ご祈願されている福豆です。
中には豆と一緒に福銭が入っています。

チャレンジ・システム

久々にひどい頭痛で2日間寝込んでました。despair
ので、ちょっと時差がある話ですいません!

tennis全豪オープン、女子はセレナ・ウィリアムズ、男子はロジャー・フェデラーが優勝しました。
ナダル君は準々決勝でヒザを傷め、棄権してしまいました。
フェデラーはこれでグランドスラム(テニスの4大大会)優勝回数16回と、自己の持つ史上最高の記録をまた更新しました。crown
自然体で流れるようなテニスをする彼は当然ケガも少なく、しかもまだ進化していて、これからどこまで行ってしまうのか・・・
でも、彼がいることによって、彼と同時代に現役でいる他の選手は、「Loser」となる確率が非常に高くなってしまうということなのですね。despair

ところで、日本においてテニス観戦ファンはマイノリティなので、ご存知ない方が多いと思いますが、数年前試合のジャッジに画期的な変化がありました。
テニスの試合は本来、真ん中で座っているチェア・アンパイア(主審)とコートの周りを囲む線審によってジャッジされます。
線審はグランドスラムなど大きな大会の主要コートになると、10人で球の行方を見ています。
でもやっぱり人のやること。ミスはつきものです。
なにしろあのスピードで飛んできて、しかもライン際で急激に落ちたり伸びたりするボールを瞬時に見分けなければいけないのですから。
当然、選手ともめることも少なくありませんでした。

そこで導入されたのが、ホーク・アイと呼ばれる数台のカメラでとらえられた弾道から分析、CG化して、その場でリプレイするという方法です。
チャレンジ・システムと言って、選手は1セットに3回の権利を与えられます。ジャッジに不服や疑問がある時に使えるのです。
当初、選手や関係者の間でも賛否両論ありましたが、巨大スクリーンに映し出されるCGに観客はエキサイトし、選手もそれには反論できないので、ルール改正としては大成功だったのではないでしょうか?
それでも時々、えっ?ホントに?というようなCG映像もあるんですけどね。
ジャパン・オープンなど小さい大会では、まだ導入されていません。
だいたい会場にスクリーンもないしね・・・coldsweats01

Cha1Cha2_2

テニスでは、ラインに触れていれば外側でも IN とみなされます。

初積雪

さっき雨が雪に変わったと思ったら、もう積ってます。snow

しんしんと・・・

関東は大雪注意報。

明日まで降り続くのかな?

雪景色。キレイだけど、通勤・通学にはご注意を!

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »