フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

愛とトロフィー

日曜日tennisクルム伊達さんが韓国でツアー優勝していたんですね!!
すごいことです!37才で現役復帰しただけでもスゴイのに、WTA世界レベルの大会で優勝ですよっ!
しかも、倒した相手は皆名のある実力選手達です。
テニスのツアーをずっと追いかけていると、それがどれほど過酷で困難なことか良くわかります。素晴らしいです!

それにしても、この笑顔。なんてキュートなんでしょ!?heart04

022_8

右手にトロフィー、左手に愛する人。
まさに「彼女の一番贅沢な日」ですね!

(写真はスポーツニッポンです。)
時代は変わりましたね。
ひと昔前の女性は(特に日本では)愛か、トロフィーか、という選択を迫られました。
現代の女性は強かにしなやかに、その両方を手に入れることができるのです。アラフォーだけではない、全女性の希望の星shineですね。

女性の皆さん!
世界の舞台ではなくても、ダンナ様がイケメン・レーサーでなくても・・・
愛する誰かのそばで、自分なりのトロフィーを掲げようじゃありませんか!!

ギターが退院

020_3

修理に出していたギターが帰って来ました。
弾きやすくなったので、これから私の腕と共にリハビリです。(^^;

やっとnoteミュージシャンらしいブログになった?coldsweats01

←クリックしてね!

キンモクセイと毛虫

今日は暑かったですね~。そんな中、近くの公園をランニング。coldsweats01
家から約1キロくらいの所にある、キレイで静かな公園です。
ボートの貸出もあるメインの池の周りは、一周約900m。
公園の中は木陰で涼しいんだけど、狭いところや砂利道があって走りづらいので、外周の道を良く走ります。

この時期はキンモクセイの香りがとても心地よいです。秋を感じます。
ところが・・・善福寺緑地公園でもそうだったんだけど、道のいたる所に毛虫が落ちているのです!
どうやら桜の木の下のようです。今って毛虫の時期??
去年も今頃走っていたけど、こんな感じじゃなかったんだけどなあ・・・
なんだろう?異常発生かな?
そんなに大きな毛虫じゃないんだけど、踏みそうになるので急に飛び上がったりして、ヒザには負担がかかる。coldsweats02少し先の路面を見ながら走るので神経も使います。bearing
次の周回はもう1つ外の道を走ったんだけど、今度は毛虫をついばむカラスの群れが・・・happy02
カラスも恐いので、刺激しないようになるべく離れて素早く?通り過ぎます。

他にも今日は、アゲハ蝶や道を横切るカマキリも見ましたよ。
カメラを持って行けば良かった!
東京にも自然はたくさんありますね。

今日は外周5周で約5キロ。往復含めて約7キロ、45分。
病み上がり、10日ぶり、登山後の筋肉痛のわりには、まあまあのペース。
なんでこんなに走っているかというと、ちょうど一ヶ月後に諏訪湖ハーフマラソンがあるからなんですねー。apple
去年も出た大会に今年もエントリーしています!
でも今年は体調不良のせいで、去年ほどトレーニングできてない・・・
というワケで、明日から合宿に行って来ま~す!(ホント?)bleah

高尾山

連休最後の日、高尾山に行って来ました。今日は稲荷山コース。

20090923_007

緑のトンネル

20090923_016

頂上の木が紅葉し始めています。(カメラはフジテレビの取材。)

20090923_018

いつも寄るお茶屋さん。山菜盛り合わせやおそば、おいしいです。

20090923_021

ちょっと曇ってましたが、良い眺めです。

走ることについて・・・村上春樹さんの本

村上春樹さんがランナーだとは知らなかった。
それも毎日10キロ走ったり、100キロマラソンやトライアスロンまで経験した本格派だったとは・・・
「走ることについて語るときに僕の語ること」
この本のことを知ったのはランニング関係のサイトで、「走るために役に立った本」とか何とかいうアンケートで上位にあったから。
小説ではなく、走ることから自分を見つめ書かれたエッセイ、モノローグのような本。
「元気なシンガーソング・ランナー」を目指しているMiekoとしては、これはぜひ読まなければ!とさっそくネット注文した。

私は村上さんの本はほとんど読んだことがない。
昔2,3冊読んだくらいで、その後手に取ることはなかったけれど、この本はこれから何度か読み返す本の一冊になると思う。
走った距離も創作物の量も村上さんとは比べものにならない私だけれど、走ることと書くことの関係とか、その中でつかんだ哲学であるとか、文字通り体感したこととか・・・
共感すること、教えられることがたくさんあった。
そして自分がほしいものがあるとしたら、それは「達成感」だったり、「自分の中のゴール」だったり、「自分に誇れる何か」なのだと再確認できた。

村上さんは言っている。
「もし僕が小説家となった時、思い立って長距離を走り始めなかったとしたら、僕の書いている作品は今あるものと少なからず違うものになっていたのではないかという気がする。」と。
私がちゃんと走り始めたのは、ここ数年。
これから作る私の楽曲は、今までとちょっと違うものになるかも・・・期待しちゃおう。

季節の変わり目はいつも・・・

世間はシルバー・ウィーク、こんな素敵な季節だというのに
風邪を引いてしまったようです。despair
いつものノドの調子が更に悪化・・・
(熱は高くないのでインフルエンザではないですよ!)

日本は休日が増えて良いと思うけど、前みたいに祝日の日にちが決まっていた方がわかりやすかったのになあ・・・と思う。
いろんな曜日がお休みになった方がバリエーションあって楽しいのに。
もともと月曜休みの人とか、かわいそうだし。

ただ、こんなに長い「シルバー」は毎年じゃないみたいですね。
お天気も良さそうだし、楽しい休日を過ごして下さい!sun

清志郎さんの声

運転をしていたらラジオから清志郎さんの歌が流れてきた。
私は一度もお会いしたことはないし、音楽の世界でも近くにいた方ではないので、清志郎さんがもうこの世に存在していないんだという実感がない。
日本のどこかの街で、今日も、歌っていそうな・・・それくらい生命力と存在感のある声だった。

皇居をお散歩

昨日は病院の帰りに皇居の周りを散歩しました。
ふだん車で通るだけでなかなか歩いたりしないけど、良い所ですね。
空が広い、緑もたくさん、その向こうにビルも見えて・・・

平日の夕方だったので、皇居ランナーの姿は少なかったな。

なんて言いながら写真アップの練習をしてたりして。
(まだまだ未熟。ブログは奥が深いです。)

あいにく曇り空で暗いんだけど、お濠の白鳥さん。

001_2

祭りの後

テニス全米オープン男子決勝は20才のデルポトロが勝ちました。
史上最高のプレイヤーと言われているフェデラーの全米6連覇を阻止しての初優勝です。
フルセットの素晴らしい試合、朝5時から半分寝ながら見てました。
それにしても、最後の瞬間や表彰式ではいつも泣かされます。
感動や勇気や・・・いろんなものをまたたくさんもらいました。

杉山愛さんを含め今季で引退表明している選手も何人かいて、その人たちの言葉や後ろ姿にもまた涙・・・

もうひとりの史上最高の選手は車いすテニスの国枝さん!
グランドスラム8大会連続優勝だそうです。
国枝さんの試合もいつか生で観戦してみたいです。

ウォズニアッキ準優勝

全米オープン、応援していたウォズニアッキは準優勝!
初のグランドスラム決勝で臆することなく、良い試合を見せてくれました。
彼女のねばりとフットワーク、頭脳的なプレイが好きです。
以前好きだったヒンギスにちょっと似てる・・・
デンマークのアイドルはまだ19才、これからが楽しみです。

ママさんプレイヤークライシュテルスは、復帰後初のグランドスラムで優勝してしまいました!
結婚・出産前よりも強くなったような・・・

そういえばウォズニアッキのウエアは、ポール・マッカートニーの娘ステラ・マッカートニーがデザインしたアディダスの限定モデルです。
ひらひらのフリルがスポーツっぽくないけど、モーヴ・ピンクの微妙な色合いと共にウォズニアッキの金髪ウェイブヘアに似合っていると思います。
↓ テレビの画面から撮った写真(^^; もっとキレイなのはコチラ

005

終わらない夏

208 うちの小ハワイ

ブタクサのせいじゃない?

相変わらず喉と鼻の炎症に悩まされています。
ちょっとおしゃべりしたり、歌ったりするとエヘン虫が・・・coldsweats01
ちょうど今ブタクサの季節。(私はスギとブタクサのアレルギー。)
というか、一年中こんな感じなんだけど。

ライブのためには、これじゃいかん!
お友達のシンガー吉野千代乃さんに紹介してもらった耳鼻咽喉科に予約を入れました。
今まで通った病院は数知れず。今度こそ効くといいなあ・・・

ランニング13㎞(^^;

テニス全米オープン、ナダル対モンフィスを見た後

善福寺緑地公園までランニングしてきました!

約1時間半、つかれた~!!happy02

初めまして!

Miekoのブログ立ち上げました。

よろしく願いします。

トップページ | 2009年10月 »