フォト

Mieko/No・re・So・re @ You tube

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

NoreSoreからのお知らせ

🎵  NoreSore 横浜ライヴ 2019 🎵
 
  Date:7月7日(日)
  Open:17:00  
  Start:18:00
  Place:C'est la vie.(横浜日ノ出町)
  Charge:¥3,000(ドリンク代別)
   新たな気持ちで頑張ります!😃
   よろしくお願いします。
       Mieko  Yossy Koharatch  

 

------------------------------------------------

 NoreSore1st.アルバム
    今だから歌える歌がある --

 ” Noresorhythm”  

     Now on Sale! 

006_5

   ノレソリズム   

 Produced by NoreSore

  All songs written and composed , arranged,
                performed ,
recorded by  NoreSore

  [曲目]
   1・ NoreSore
   2・ Another day,Another life
   3・ ふたり
   4・ 愛
   5・ Long Slow Distance
   6・ あきらめないで
   7・ Happy Birtheay
   8・ 桜ひとひら

       2,900(Tax,送料込)

2年前のライヴで一緒に歌って頂いたNoreSore
   皆さんの声、いい感じで入ってますよ!

ジャケットの写真はNoreSoreのYou tubeバージョンの動画を作ってくれた
    ←
tacaeさんです!
     アラフィフで写真家デビューした彼女と、CDでも
コラボできました!

★ ご希望の方は・・・

    お名前、〒ご住所、電話番号、アルバムタイトルとご希望枚数明記の上
    トップページ左下のメールフォームまたはコメントから送信して下さい。
    3日以内に購入方法を返信致します。

    サインご希望の方はその旨お書き下さい。
    その際は包装を開けてしまいますが、ご了承ください。
    

★  2枚以上ご購入の方、Miekoの「Love&Life,Time&Tide」もご一緒にご希望の方は
    特別価格になります。詳細はメールにて。

悲しみの隣で

大切な人の大切な人が亡くなり、

しばらく東京を離れていました。

久しぶりに長距離運転もして、

たくさんの人達との再会も出会いもあり、

怒涛のような1週間が過ぎてゆきました。

故人との少なくない思い出がフラシュバックしたり、

最後にもう一度会えなかったことが心残りだったり、

でも私の何十倍、何百倍もの悲しみの隣で、

自分にできることといえば、

ただそばにいたり、話を聞いたりすることだけでした。

誰もがいつかは通る道だと、

それが少し早いか遅いかだけだと、

いつも思っている私だけれど、それでも「さよなら」は悲しく淋しい。

昔、21才で亡くなった高校時代の友達の夢を見たことがあって、

今でもよく覚えています。

新宿駅らしきホームのジュース・スタンドに並んで立っていて、

「向こうの世界はどう?」と私が聞くと

「たいしたことないよ。」とクールに答えた彼女。

もしかしたら「向こうの世界」は、

輝くような素晴らしい世界でも、暗闇でも地獄でもなく、

ごくごく普通?の、淡々とした世界なのかも。

だとしたら・・・きっとまた、いつか皆と会えるかもしれないね。

Img_0341-2

 

銀座ランチ

札幌からtacaeちゃんが遊びに来ました。

銀座でランチ。銀ブラなんて久しぶりだなぁ・・・

Img_1653

信玄鶏と揚げ野菜のクリームパスタ。

おされ~。ヘルスィ~。

でもちょっと味が薄かった(^^;

tacaeちゃんに頂いたお土産

Img_1656

カラフル・アートなチョコレート。

と、おなじみロイスのチョコレートです。

今日は涼しいから、チョコレート日和だね。

美唄での二人展が終わったtacaeちゃん、

次は何をやろうかと模索中だそうです。

クリック

 

今年もかな高

今年もヨッシーとコハラッチの母校、金沢高校の同窓会イベントに参加しました🎵

Img_1649

左が校門です。右は京急電車車庫への引き込み線です。

鉄男さん、鉄子さんにはたまらない場所ですね。

Img_1646

学校までの道は緑多く爽やかです。

そういえば去年まで工事中だった金沢八景の駅が綺麗~に様変わりしてまして、

出口もたくさん増えて、待ち合わせしたコハラッチとなかなか会えませんでした。(^^;

Img_1634

今日のお弁当は、みんな大好きシュウマイ弁当。😃

横浜開港祭(今日と明日だそうです)バージョンです。

Img_1639

同窓会の皆さんが総会に出席されている間、

近くのイオンへお散歩に行きました。

川沿いのスタバがあります。

オープンで気持ち良かったです。

海のそばは風が違いますね。

モルディブ生物

島をお散歩していると、色々な生物に出会えます。

Img_0090

小さなトカゲはよく目の前を横切って行きます。

Img_1493-2

顔が黄色&赤いお腹のと黒一色と2種類います。

Img_0304

砂浜やレストランの庭に来て、エサを探す鳥さん。

Img_0119

部屋の前にも来るので、パンをちぎってあげました。

Img_0031

レストランの屋根のてっぺんにいた鳥さん(けっこう大きいです)

Img_0232-2

クダバンドスの砂浜にぽつんと佇んでいた鳥さん

Img_0249

ヤドカリもたくさん。

Img_0208

島の周囲にベビー・シャークが来ます。

朝の砂浜にもいました。

Img_0206

レストランの手すりにいた鳥さん。サギ?

近づいてもあまり逃げません。

Img_1525-2

今日のランチ

Img_1631

モルディブ風景

ココログがリニューアルされて、写真をたくさんアップできるようになりました。

前回バンドスへ行った時の写真も混ざってます。

↓ 島のエントランス近くのカフェ。

遠くにマーレの街が(拡大すると)見えます。

Img_0054

↓ お隣の無人島だった、クダバンドス。

最近ホテルができて、リゾート化されてしまいました。

誰もいない海が良かったのに・・・残念。

Img_0055

こんな景色が島のいたる所にあります。

Img_0115

クダバンドスの入口の桟橋

Img_0261

クダバンドスの海。(5年前)

Img_0244

バンドス、木陰のチェアから

Img_1624-2

夕食はだいたいここ。

名前がサンダウナーズバーからHUVANに変わりました。

Img_1614_1

夕暮れも綺麗です。

Img_1568

HUVANから見る浜辺

Img_0291-2

Img_1435-2

NoreSore横浜ライヴ2019のお知らせ!

お待たせ致しました。

横浜ライヴの詳細が決まりました。

Date:7月7日(日)

Open:17:00

Start:18:00

Place:C'est la vie(横浜日ノ出町)

Charge:¥3000(ドリンク代別)

*現在、電話やネットで予約が取りづらい状況になっております。

ご予約なく当日お越し頂いても大丈夫ですが、

予約できるようになりましたら、またお知らせします。

または、ここにコメント頂いてもOKです。

よろしくお願いします!💓

Yokohama20182

 

楽園その2

モルディブへはスリランカ航空でコロンボ経由です。

Img_1591

成田で出発前にスマホからアップしようとしたけど、できませんでした。😞

Img_1373-2

コロンボまで9時間半なので、食事は2回出ます。

スリランカ航空の機内食はとても美味しいです。

Img_1371-2

チキンと野菜のカレー。

辛いけど食べやすいです。

私の席の前も後ろも、日本からの新婚さんでした。

新婚さんにはケーキがプレゼントされるのでわかります。💓

Img_1379-2

1か月前にテロがあったコロンボですが、空港は物々しい感じもなく、平穏でした。

Img_1377-3

写真ボケボケですね。

Img_1378-2

コロンボからモルディヴの首都マーレまでは1時間半です。

 

マーレの空港を出ると、すぐに港があります。

そこからスピードボートで、それぞれのリゾートアイランドへ散って行きます。

遠いリゾートへは飛行機で、マーレに1泊する人もいます。

バンドスへはボートで15分くらい。近いです。

Img_1386-2

こんな船。

↑はバンドスの港です。

実際着いたのは夜でした。

午前11時20分成田発、バンドスに着いたのは日本時間の深夜12時過ぎ。

向こうは4時間前の午後8時。

空港から近いリゾートでも、やっぱり12時間以上はかかりますね。💦

インド洋でプラゴミを拾う

バンドスで初めて、カタマランという舟に乗りました。

ヨットとウインドサーフィンの間のような2,3人乗りの小さな双胴船です。

現地のスタッフさんが操縦してくれるので、舟のへりに座りロープにつかまっているだけで、海上の散歩が楽しめます。

風を受ければけっこうなスピードも出て、波に当たれば上下に振られ、スリル好きの私にはたまりません。😃

軽快に海の上をすべって行く途中、スタッフさんが波間に浮かぶ大きな袋を発見!

引き返し、スピードを緩めて拾おうとするも何度も失敗。

一人で操縦していてロープから手を離すことはできないので、なかなか取れません。

英語で「拾ってよ。」と言っている様子。

私でも届くのかな~?と一度練習?で、手を伸ばしてみたらなんとか水面に触れる距離です。

5,6回は引き返したでしょうか?

かなり近くスピードも遅かった、そのタイミングで手を伸ばしたら取れました!

スタッフさんも一緒に上げたけどね。

プラスチック制のコーヒー袋のような形で、

どこから来たの?と聞いても、わからない、とスタッフさん。

しかし、袋にあった「APOLLO HARDWARE CENTER」という文字を私はしっかり覚えました。

後日調べたらアメリカの、主に金属系のキッチン用品のお店のようです。

あの袋がアメリカから流れて来たのかどうかはわからないけど。

実は少し前に、死んだクジラのお腹から夥しい数のプラスチック袋が出てきた、というドキュメント番組を観たばかりでした。

ちょっと前から世界の海でのプラ問題は話題になっていますよね。

マイクロプラスチックとか、ストローを紙製にするとか・・・ 

それにしても、あのスタッフさんのゴミに対する執着心はすごかった。

見つけたら絶対取る!

それがリゾートで働く人達のルールなのかな?

今回、5年前に来た時より、海の中のお魚が減っているなと感じました。

汚染なのか天候のせいもあるのか?

残念なことです。

日本ではゴミは分別がしっかりしているし、リゾートでもなるべくプラゴミは持ち帰っています。

が、帰って来てから、Reef Free(サンゴを守る)の日焼け止めがあることを知りました。

次回から海に行く時はそれを使います。

世界のプラゴミ問題を目の当たりにしたような、貴重な経験でした。

Img_1613-2

Img_1606

 

«楽園再び